コラボシリーズではなかった?パリのユニクロ

盛り上がるユニクロU展示会2017AW。一部のラグジュアリーブランドがつかうホールガーメント織り機をつかったニットワンピース。女優の田丸麻紀さんも登場!メンズもいろいろでていました。

盛り上がるユニクロU展示会2017AW。一部のラグジュアリーブランドがつかうホールガーメント織り機をつかったニットワンピース。女優の田丸麻紀さんも登場!メンズも色々でていました。


エルメスのアーティスティックディレクターを務めていたクリストフ・ルメール氏が手掛けるUniqlo U(ユニクロ ユー)。先日、3シーズン目となる2017年秋冬コレクションが発表され、早くも店頭で並んでいます。実はこのシリーズ、他のコラボレーションシリーズとは大きく異なることをご存知でしょうか?

クリストフ・ルメール氏率いるデザインチームが開発するこのシリーズは、コラボレーションではなく、パリユニクロR&Dセンター直轄コレクションだったのです。未来のLifeWearをキャッチフレーズに、最先端の技術をつかったベーシックというコンセプト。

これまでのべ4,000人以上のビジネスマンの買い物に同行してきたガイドである私が、アラサー男性が取り入れやすいUniqlo U2017AWの活用法を紹介します。
 

ジャケットに羽織る!タウンユース仕様のモッズコート

ブロックテックという技術素材をつかったモッズ系のミリタリーコート。インターネットの事前投票でベスト3位以内にランクインしたアイテムです。

ブロックテックという技術素材をつかったモッズ系のミリタリーコート。インターネットの事前投票でベスト3位以内にランクインしたアイテムです。


「26歳以上の男性は、カジュアルよりエレガントカジュアルが似合う!」という私のフィルターを通して見た、今回のコレクション。注目したのは、意外にもブロックテックモッズコートという、14,990円のミリタリーコートでした。本来カジュアル感が強いこの手のタイプを、普段私は選ばないからです。

元来モッズコートは、ミリタリーコートのデザインをベースとし、無骨な雰囲気をだすアイテム。私は、エレガントカジュアルのジャケットスタイルに羽織るオーバーコート(参考:「この10年で変わった!「冬の着こなし」新常識」)として可能性を見出したのです。

たとえば、カモフラ柄が薄く入ったベーシックなジャケットの上に合わせることで、ミリタリーテイストのエレガントカジュアルが完成します。ジャケットの上に着るコートとして定番といえば、チェスターコートやステンカラーコート。この上品な雰囲気とは一味ちがうパターンとして合わせる想定をしました。

このモッズコートで使われているブロックテック素材。風を通しにくいこの機能性素材は、本来テカテカとした光沢感がでやすいというネックがありました。ところがこのモッズコートは、その光沢感を消し、マットな質感を実現していたのです。技術素材をベーシックなモッズコートに落とし込んだアイデアに惹かれます。
 
カジュアルのミリタリーコートではなく、ラグジュアリーブランドが得意とするモードな出で立ち。

カジュアルのミリタリーコートではなく、ラグジュアリーブランドが得意とするモードな出で立ち。技術素材をうまく活用したことがポイント!

 

服だけではない!小物も充実

小物も充実するユニクロU。全般的にミリタリーを意識したアイテムが多いように見ています。色遣い・技術素材などただのミリタリーではないところがポイントなのです。

小物も充実するユニクロU。全般的にミリタリーを意識したアイテムが多いように見ています。色遣い・技術素材などただのミリタリーではないところがポイントなのです。


2017年Uniqlo U秋冬コレクションの内訳は、ウィメンズ46型、メンズ27型、グッズ11型と発表されました。ニット帽・バッグ・スニーカーはじめ、多数の小物も登場!ミリタリーをイメージした大型バッグは、日帰り・一泊旅行に使えそうです。

私がいちばん注目した小物アイテムはスニーカーでした。ベーシックな白・黒2色展開のスニーカーのデザインは3型。ソールのゴムに対し、ボディーにナイロンをあしらったこのデザインもまた、ミリタリーのトレーニングシューズを連想させます。黒スニーカーは黒パンに合わせ、足長効果を強調するコーディネート。また、白スニーカーはジャケット&ジーンズスタイルのアクセントとして重宝しそうです。

定番アイテムに合うコレクション!そのワケとは?

強烈なネオンカラーのニット。Tシャツはじめ、レディースのみならず鮮やかで強い色を取りいれたユニクロU。ここに一般のユニクロ商品との違いを感じます。

強烈なネオンカラーのニット。Tシャツはじめ、レディースのみならず鮮やかで強い色を取りいれたユニクロU。ここに一般のユニクロ商品との違いを感じます。


Uniqlo Uの魅力は、デザインとともに色遣いにあると私は見ています。一般のユニクロ商品は、シンプル&ベーシックなLifeWearをコンセプトにしているからこそ、鮮やかな色をつかったものが少ないのです。

ところが、今回Uniqlo Uでは、アクセントになるネオンカラーを使っています。発色のよいオレンジ・イエローなどが、ウィメンズのみならず、メンズのTシャツ・ニットにおいても登場していたのです。いつもの白いインナーを、カラフルなニットに変えてみるだけで印象は180度変わります。

通常、ラグジュアリーブランドのコレクションは、その強すぎる世界観から他ブランドのアイテムとコーディネートが難しいという現実があります。ところが、Uniqlo Uは、ユニクロが提唱するLifeWearをベースにしているからこそ、定番アイテムと組み合わせやすいのではないでしょうか?今後の展開から目を離せません!

【関連記事】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。