2017年おすすめのあったかインナーはどれ?

フジボウ

今年も自分にぴったりのあったかインナーで快適な冬を過ごす{フジボウ B.V.D PLUS CONTROL)


いよいよ寒い冬の季節、この季節に欠かせないのがあったかインナーです。あったかインナーは、保温下着や防寒インナー、ヒートインナーなどさまざまな名称がありますが、今回はあったかインナーと統一します。

このあったかインナーですが、下着メーカーだけでなく洋服や通販の企業など、いろいろなところから登場しているので、もはやどれを買ったら良いのかわからないという声もあります。実際、あったかインナーの機能も毎年進んでいて、価格が安い・高いだけでなく、さまざまなシーンやタイプに合わせたあったかインナーが販売されています。

今回は自分にぴったりのあったかインナーを探すために、各社のアイテムについてくわしく解説します。


女子高生の「ババシャツ」ブームから始まった!

今では、寒い冬にかかせませんが、もともとは1990年代半ばに起こった、女子高生の「ババシャツ」ブームから始まりました。今でこそ当たり前に誰もが着ていますが、当時はまだ「厚い肌着なんて中高年の女性が着るもの」という認識だったので、「ババシャツ」と呼ばれていたのです。しかし、一度認知されると、厚くて重いコートを着なくてもババシャツを1枚着るだけで温かく過ごせるということから、幅広い女性に評判になったのです。

その後、下着各社から遠赤外線などで、体を温めるあったかインナーが発売されます。2003年にユニクロからヒートテックが発売されて以来、今では寒い冬に欠かせない下着となったのです。


保温だけでなく、発熱や保湿、快適さなどの機能も進化!

ワコール

毎年機能が進化しています(ワコール ウンナナクール ふわ太郎)


あったかインナーは、初期の頃は、「薄いのに着ると温かい下着」として人気が出ました。それこそババシャツと言われていた当時は、デザインも中高年向けのものが多かったのです。

でも、最近は見た目も機能も進化しています。たとえば、昔は化学繊維により肌が乾燥したりかゆくなってしまうこともありましたが、最近は敏感肌の女性でも着られるよう、肌に優しい綿混やレーヨン混のタイプが発売されています。編み地の工夫により、新たな機能を加えたインナーも続々と発売されています。

「薄い・軽い・温かい」から「心地よい・保湿効果」などの新たな機能が加わり、温かさだけではなく、女性の皮膚を快適に優しく守る様々なタイプが発売されています。

それでは、今年のおすすめあったかインナーを紹介します。


3タイプでしっかり保温するユニクロのヒートテック

ユニクロ

軽くて温かいヒートテック 価格:1500円(税抜価格)

発売から15年、今日本で最も販売数が多いのがユニクロのヒートテックです。下着メーカーの一般的なアイテムと比べて価格が安いのも魅力です。寒さに合わせて3タイプのヒートテックがあり、通常のヒートテック、寒くなると裏起毛の極暖ヒートテック、さらに厚手で裏起毛の超極暖ヒートテックがあります。

ヒートテックの基本的な機能は、体から蒸気する水分に反応して熱を出し、その熱を繊維の層の中に取り込み、体を温めます。

ユニクロ

軽くて温かく、着心地も優しいヒートテック


発熱タイプなので、肌が乾燥することが気になりますが、アルガンオイルが入っているので、着心地も優しく快適です。

ユニクロ

アルガンオイルで肌に優しい着心地を実現


基本の長袖・半袖インナーとともに、レギンスなどのボトム、さらにアウターにもなるトップス等や靴下などの雑貨に至るまで、様々なアイテムが揃っているのも特徴です。


肌に優しい美肌効果 トリンプのじょっぱり保湿インナー

毎年特徴のあるあったかインナーを発売するトリンプですが、今年の注目は、青森県六花酒造の日本酒「じょっぱり」とコラボレーションした保湿効果の高いアイテム、Triumph(トリンプ)のあったかじょっぱり保湿インナーです。

トリンプ

酒エキスの保湿効果 価格:4500円(税抜価格)


酒粕には、保湿による美肌効果を促すアミノ酸がたっぷりと含まれています。その酒粕から抽出された酒エキスを生地に加工して、保湿効果と吸湿発熱性に優れたインナーです。

トリンプ

優しい肌触りで温かい

酒粕の美肌効果を活かした、着用したときに感じる、着心地の良さと優しい風合いを感じてみてください。


究極の快適インナーグンゼ KIREIRABO 完全無縫製ウォーマー

肌に優しい下着を開発するグンゼ KIREIRABOシリーズの完全無縫製ウォーマーにもあったかインナーがあります。綿の優しさと無縫製により、肌への刺激を徹底的に抑えて開発されているのが特徴です。

グンゼ

コットンの優しさと温かさを感じるあったかインナー 価格:2500円(税抜価格)

素材は、綿混で肌に優しくフィット。肌側(裏側)起毛部分が、温かい空気の層を逃がさないことで、体を温かく保ちます。
グンゼ

縫い目なしのフリーカット、裏側は軽く起毛して優しい肌触り

なんといってもこのインナーの特徴は、完全無縫製ということです。襟ぐり、袖口、裾だけでなく、脇に縫い目なし、更に袖ぐりも接着縫製で縫い目がなく、徹底的に肌に優しい仕様になっています。肌に感じる縫い目の当たりがまったくない、ストレスフリーのインナーです。
グンゼ

袖ぐりも無縫製でスッキリ

敏感肌で困っている方、乾燥した冬に安心して着ることができる肌に優しい究極の保温インナーです。


オーガニックな風合いの、無印良品 綿混あったかインナー

オシャレ感も満足できて温かい保温インナーとしておすすめしたいのがオーガニックコットンの風合いを生かした、無印良品の綿混あったかインナーです。
無印良品

綿のナチュラル感が優しい保温インナー 価格:1195円(税抜価格)


無印良品らしいナチュラル感のあるインナーで、素材にオーガニックコットンを使用し、吸湿発熱繊維を合わせて、心地よい温かさのある保温インナーとなっています。色はオフ白・黒・グレー・モカブラウンで、アウターとしてもお洒落に着ることができます。

無印良品

コットンの優しい肌触りの快適保温インナー

さわった時のナチュラルな風合いや色味は、さすが無印良品といったところです。


寒暖差を調節するフジボウアパレル B.V.D. LadiesのPLUS CONTROL (プラスコントロール)

フジボウundefinedB.V.D

寒暖差に対応する保温インナー 価格:1700円~(税抜価格)

寒い冬の混んでいる電車やオフィスなどの室内と室外との寒暖差が大きいと、身体を冷やしたり風邪をひいたりすることがあります。そんな冬の寒暖差に適応するために作られたのが、フジボウアパレル B.V.D. LadiesのPLUS CONTROL (プラスコントロール)です。
フジボウundefinedB.V.D

編み目が、寒暖差によって開いたり閉じたりします

乾燥時には編み目が閉じて保温性があがり、ムレを感じると湿度に反応して網目が開いて通気性を高めます。これにより、寒暖差がある環境でも快適に過せます。
フジボウundefinedB.V.D

薄くて温かい快適な保温インナー

保温性の高い繊維と通気性をコントロールする素材を組み合わせることで室内外の温度変化に対応し、寒い冬でも常に快適に温かい状態を保てます。


ふわふわで温かい! ウンナナクールのふわ太郎

寒い冬は家の中でも意外に底冷えして寒いもの。とにかくぬくぬくと温まりたい人にオススメなのがワコール ウンナナクール ふわ太郎です。
ワコール

ふわふわあったかなインナー 価格:2900円(税抜価格)

体の水分を吸収して発熱する糸エクスマイクロを使用し、さらに両面起毛で温かさを保つ構造です。軽くてふわふわした素材感がきもちいい肌ざわりです。
ワコール

両面起毛で 優しい温かさのふわ太郎

両面起毛による優しい温かさで、お部屋でも快適に保温してくれます。

2017年の最新あったかインナー比較は以上です。今シーズンも様々な保温インナーが発売されています。それぞれの特徴がありますので、自分に合った保温インナーで快適に暖かい冬をお過ごしください。

【お問い合わせ・商品ページ】
■ユニクロ ヒートテック

■トリンプ・インターナショナル・ジャパン
お問い合わせ: 0120-104256
トリンプ 保温インナー

■グンゼ
お問い合わせ:0120ー167874
グンゼ KIREIRABO

■無印良品
レディスインナー

■ブジボウ アパレル
お問い合わせ:0120-950-910
B.V.D.Ladies  PLUS CONTOROL

■ワコール 
お問い合わせ:0120-307-056(平日のみ、9:30~17:00)
ウンナナクール

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。