LAN・無線LAN・Wi-Fi/LAN・無線LAN関連情報

LANケーブルを自作しよう(4ページ目)

LANケーブルを自作する方法を初心者にもわかりやすく解説。安いRJ45コネクタの入手方法から接触不良にならないか、しめ工具の使い方、誤配線の例など、失敗しないコツを紹介します。

岡田 庄司

執筆者:岡田 庄司

LAN・無線LANガイド

こうすると失敗する

画像の代替テキスト
かしめ工具でしめすぎた失敗例
ガイド:
結線の色を間違えないことは、いうまでもありませんが、かしめ工具で無理に締めすぎないことが大切です。
コネクタは、金属部分がメス側の端子に触れる必要があります。かしめ工具で締めすぎると端子が下に沈み過ぎてしまって、メス側に触れない端子が出てきてしまいます。写真はその失敗例です。特に左側の端子が下に沈みすぎています。これでは、正常な通信はできません。
かしめ工具によっては、扱いにある程度慣れないとうまくいかないこともありますので注意してくださいね。

相談者:
それは知りませんでした。注意してやってみますね。

ガイド:
軽く、グッと締めればそれでokなんです。難しい加減ですが、何度か挑戦してみてください。少なくとも、写真のように沈み具合が不揃いになるのは、まず失敗と思って間違いありません。どの程度沈めばよいかは、市販のLANケーブルをお手本にしてください。

相談者:
そのほかに何か注意することはありますか?

ガイド:
はい。あります。スプリットペアを作らないことです。経験の無い業者の方がスプリットペアで施工してしまい、あとから大騒ぎになるということが時々あります。新築などの際には工事に立ち会う位の気持ちが必要です。
相談者:
スプリットペアって何ですか?

ガイド:
LANケーブルは、1-2番及び3-6番の4芯を使って通信を行っています。このとき、よりのある心線の1ペアを1-2番へ、別の1ペアを3-6番の端子へ接続することで、1-2ペアおよび3-6ペア間で発生するノイズの干渉を防いでいます。
しかし、1-2-3-4-5-6-7-8に接続してある心線を、もう一方の1-2-3-4-5-6-7-8端子に接続すると、よりの効果が全くなくなってノイズの影響をまともに受けます。厄介なことに、ケーブル自体は接続されているので通信は可能ですが、エラーが頻繁に起こり、「100BASEなのに10BASEの速度しか出ない。」「何故か通信が切れる。」といったトラブルが頻繁に起こります。
このような誤配線を「スプリット・ペア」と呼びます。なお、ケーブルテスタは、導通を調べるだけですので、このスプリット・ペアを発見することはできません。

相談者:
今日は、どうもありがとうございました。

ガイド:
いいえ。どういたしまして。また、お会いしましょう。

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の LAN 商品を見るAmazon で人気の LAN 商品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます