産後の抜け毛の原因は? 気になる予防と対策を解説

いつまでもきれいな髪を保つための産後のケアとは?

いつまでもきれいな髪を保つための産後のケアとは?

私はマタニティショップで毎月、産後から子育て世代のママ達の美髪カウンセリングを行っています。その中でも、産後の抜け毛で悩んでいる女性は大勢います。

出産前後は、身体の変化が表れやすい時期。妊娠、出産を機に髪の状態も大きく変化します。そこで、今回は産後になぜ抜け毛が増えるのか、抜け毛を少しでも減らすことはできるのか、など産後の髪の毛の変化についてお話したいと思います。

産後に抜け毛が増える時期は、いつからいつまで?

産後の抜け毛は、半年をピークに1年ほどで落ち着くことがほとんど

産後の抜け毛は、半年をピークに1年ほどで落ち着くケースがほとんど

産後、数か月すると髪の毛は抜けはじめます。半年くらいがピークで、1年ほどは抜けやすい状態にあります。産後の抜け毛は多い人で一日300~400本と言われています。

一方で、妊娠中の期間はほとんど髪が抜けません。そのため、産後に急激に抜け毛が増えることで、多くの方が驚かれますが、この抜け毛は徐々に減っていくので、あまり気にすることはありません。大体、1年ほどで元に戻ります。

産後の抜け毛の原因は「ホルモンバランス」にあり

産後、髪の毛が抜ける主な原因はホルモンバランス。妊娠、出産でホルモンバランスは大きく変化するため、それが髪にも影響します。

女性ホルモンの分泌や生活習慣などによって個人差はありますが、最近は高齢出産や食生活の乱れが影響して、出産後急に白髪が増えた、髪がうねるようになった、髪が細くなったなど、髪質が変わり悩まれている方が大勢います。このようなことを防ぐためにも、産後は特に丁寧にケアすることが大切です。

産後の抜け毛を防ぐためのセルフケアとは?

慣れない育児や寝不足も抜け毛と大きく関わってきます。

慣れない育児や寝不足も抜け毛と大きく関わってきます

出産を機に、生活も身体も大きく変化します。慣れない育児や、寝不足、疲労などなどただでさえストレスを抱えているママにとって、できれば抜け毛は避けたいもの。

そこでおすすめなのが「育毛剤」を使った頭皮ケアです。「育毛剤」と聞くと、毛生え薬というイメージを持つ方も多いですが、育毛剤には産後の抜け毛を防ぐ効果もあるのです。

朝晩2回!頭皮エッセンスを使った簡単ヘアケア

育児や家事に追われてゆっくり頭皮マッサージをする時間がない、という方のために、お風呂上がりや朝時間に手早くできる、頭皮エッセンスを使ったセルフケアをご紹介します。やり方はとても簡単なので、お肌に化粧水や美容液を付けるような感覚でぜひ取り入れてみて下さい。

エッセンスを塗布したら手で押さえて入れ込む

エッセンスを塗布したら、手で押さえて入れ込む

1.夜お風呂でシャンプーした後、濡れた髪と頭皮を優しくタオルで拭き取ります。

2.タオルドライをした後、エッセンスが地肌に直接届くように、髪をしっかり分けながら塗布していきます。縦4本×横3本の線を引くイメージで、頭頂部全体に行き渡るように。

3.塗布したら指の腹で押さえ、温めるようにして頭皮に入れ込みます。

4. ドライヤーで頭皮と髪をしっかり乾かします。朝は、乾いた髪に2~3の工程と同様に、エッセンスを塗布すればOKです。

妊娠中や出産後はホルモンバランスにより、お肌も頭皮も敏感になっています。普段使っていたものが合わなくなったり、痒みや刺激を感じることもありますので、様子を見ながら行いましょう。

産後の抜け毛を防ぐための食事

たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランスよく取り入れることが大切

たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランスよく取り入れて

産後はバランスのとれた食事をすることがとても大切です。まずは、髪を作り出すためのたんぱく質(※)とビタミン類をしっかり取り入れましょう。そして、髪にツヤを与えたり、メラニン色素を活性化させる上で、ミネラルも同じく欠かせない栄養素です。

足りないものをサプリメントで補うのもよいですが、一つの栄養素ばかり摂取しすぎないように、バランスのよい食事に気を配ることも大切です。

(※)たんぱく質の一日の摂取量の目安は、18歳以上の女性で1日50g(体重1kgあたり1g)/妊婦(付加量)中期+10g、後期+25g/授乳婦(付加量)+20g。

■参考文献
厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」「たんぱく質摂取量」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。