●サーバ側の作動確認を行う

ここで、サーバ側のコンピュータが正常に設定されているかどうかを確認するために、サーバコンピュータのIPアドレスを表示してみましょう。

[スタート]ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を選択し「IPCONFIG」と入力してください。

図のようにローカルエリア接続が2種類表示されるでしょう。インターネットに直接接続しているローカルネット側には、インターネットに接続する際のIPアドレスが表示されます。このIPアドレスは、加入しているインターネットプロバイダによってまちまちで す。新しく設置したローカルネット側のIPアドレスには「192.168.0.1」と表示されているはずです。これは、サーバ側のコンピュータに割り当てられるIPアドレスで固定となっています。

なお、インターネット接続の共有を設定したコンピュータには、DHCPサーバ機能も同時にセットアップされていますから、以後の操作でクライアントコンピュータのIPアドレスは自動的に決定されます。

IPアドレスを表示してみる

これでサーバコンピュータの設定は終了です。次は、クライアント側コンピュータの設定となります。後編をご覧下さい。


【関連記事】
はじめてのLAN記事一覧

はじめてのLANシリーズは、初心者の方のためのLAN講座です。ここに、その所在一覧をまとめてありますのでご利用ください。

【お勧め記事】

2005年東京オートサロンギャラリー
TOP SECRET
白のエナメルコスチュームがとてもセクシーな「TOP SECRET」古谷沙織・桜井茜・朝比奈礼・大塚みほ・吉沢真奈・木村亜利奈ちゃんのギャラリーです。



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。