MBWAは、リンカーン大統領からはじまった

現場の総務

MBWA、ぶらぶら総務が成果を上げる

MBWAとは、"Management by walking around(マネジメント・バイ・ウォーキング・アラウンド)"の略、訳すと「マネジャーは現場に足を運び、ブラブラしながら仕事をしましょう」というわけで、マネジメント層が現場に足を運ぶ重要性を説いた言葉です。

古くは、南北戦争時にリンカーン大統領が前線の現場に足を運び、最前線の状況を自らの目で把握していた、という史実から生まれた言葉だと言われています。

現場最前線を自らの目で見て感じることの重要性は、仕事の現場でも同じです。上層部、あるいは支部長が机上の空論を振りかざし、現場から「現場のことを知らないくせに」という言葉とともに反発を買う、というのはよく見られる光景です。

現場に依頼することの多い総務ほど、この言葉は重要かもしれません。その理由を今からお話しましょう。

総務の役割=働く場の環境整備

私の関わる専門誌『月刊総務』で行った、全国総務部門アンケート。その中で、「今後の総務部門の役割」を聞いたところ、「働く場の環境整備」と答えた企業が最も多くありました。端的に言えば、働きやすいオフィスづくりをする、ということでしょう。働き方改革全盛の今の時代であれば、それは効率良く仕事ができるオフィスであり、創造性が向上するレイアウトとなるでしょう。

ここで大事なことは、「誰のための環境整備か」ということです。もちろん、現場の社員のための環境整備であることに違いありません。その場合、「お客さま」は社員、となるわけです。「お客さま」が本業に専念できるために、総務部としては、さまざまなサポートをしていかなければなりません。

本業に専念し、売上拡大を実現するため、あるいは、次の商売の元となる技術革新を実現するため。そのように社員が会社に貢献できるよう、総務部は現場社員の生産性向上に貢献していくわけです。

社内マーケティングの必要性

現場の総務

現場に出向く総務が成果を上げる

そうなると、総務による自社の社内マーケティングが必要になります。営業部門であれば、お客さま満足向上のため、徹底的にお客さまのことを知ろうとするマーケティング活動を実践します。同様に、総務部も社員を徹底的に知らなければ、お客さまである社員の喜ぶサービスは提供できないはずです。

しかし、総務部のメンバーは、往々にして、椅子に座ったまま仕事をするケースが多いように感じます。確かに膨大な仕事を抱えている総務としては、いかに早く処理するか奮闘するあまり、自席を離れることは難しいかもしれません。メールを駆使し、電話を駆使し、自席で仕事をしていきます。

かつて、「ぶらぶら社員」という言葉がありました。現場に出向き、ぶらぶらと歩くことで、現場の雰囲気、現場の空気を掴み、そして施策に反映する役割を負った社員を指します。

この役割の重要性は今も変わりありません。出向かなくても仕事は進む環境の整った今だからこそ、メールのやり取りだけでなく、ちょっとした頼まれごとでも、現場に出向いて解決していく。そのようにして、極力現場とのリアルな接点を増やし、社員の状況を知ることに努めるべきなのです。

従業員3000人規模企業に勤めるある総務部長は、メールや電話でのやり取りで済むところ、あえて現場に出向いて社員とコミュニケーションをとるようにしているそうです。

要件が終わっても、しばらく現場に佇んで周囲を観察し、現場の課題や動き、空気感に触れるそうです。頼まれごとをよいきっかけにして、積極的に現場に出向いているのです。

現場を知り、現場に知られる総務を目指す

現場の総務

現場を知り、現場に知られる総務を目指す


「知られる」ことで「協力」が得られる
現場に出向く。そうなると、どうなるか?

総務部で働く個々の社員が現場の社員に知られるようになります。総務部の仕事は、総務が決めたことを現場に依頼する、総務が導入したサービスを現場に使ってもらう、そのような「依頼仕事」が多いかと思います。依頼される側としては、全く知らない人から依頼されるよりも、良く知った人からの依頼の方が、快く指示に従えるものです。

「何を言うか」よりも、「誰が言うか」が大切です。同じことを発言するにしても、現場の苦労や状況を良く知っている人から言われた方が、現場も納得するのではないでしょうか?

「多少不満はあるけれど、私たちのことを良く知っている◯◯さんが判断したのであれば、仕方ない」

一方、現場で見たことのない、誰とも知らない人の依頼であれば、反感を買うこともあるでしょう。

「誰だか知らないけれど、私たちの苦労も知らないくせに、こんなこと依頼して!」

総務におけるMBWA=「ぶらぶら総務」とは、現場を知ることの大切さと同時に、あなた自身が現場に知られることの大切さにも触れているのです。

さらに、名前と顔を覚えてもらえたら、自分の想いや目指すべきことも、現場に知ってもらえるとよいですね。

「さらに会社を良くしたいから、この施策を実行しています」
「みなさんが自社に誇りを持ち、楽しく仕事ができるよう、この依頼しています」
「現場でイノベーションを起こすために、このレイアウトにしました」

「何がしたいのか」を明確にした上で施策とつなげれば、現場の人の納得感もさらに高まることでしょう。

総務の地位向上は、そういう地道な活動から実現されるのです。

忙しくても、メールで済むことでも、MBWAを実践し、現場に出向いてはみましょう。そうすることで、社内からの協力が得られ、社内から応援されるようになり、結果の出る仕事がしやすくなるではなるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。