総務人事・社内コミュニケーション ガイド 豊田 健一

とよだ けんいち

総務専門誌『月刊総務』の編集長。総務経験を活かした講演とコンサル

早稲田大学政治経済学部卒業。株式会社リクルート、株式会社魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス株式会社入社。現在、取締役 『月刊総務』 編集長兼事業部長、ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアム理事、総務育成大学校主席講師。総務経験を生かした総務と営業のコンサルや講演など多数。

得意分野

総務部業務全般のコンサルティング
総務の在り方、総務のプロとは、戦略総務の実現など
総務部向けの営業に関するコンサルティング
総務経験者が語る総務の実態、意志決定プロセスを知るセミナー

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数71
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

「総務が変われば、会社が変わる」
この言葉は真実であり、多くの事例を目にすることができます。
しかし、一般的には、総務は誰でも出来る仕事、雑務を担当する部門とみられていることが多いものです。

「縁の下の力持ち」とも言われることがあります。これも総務を表す言葉としてよく使われます。
しかし、「縁の上」とは、現場社員が活躍する舞台であり、その舞台装置を握っているのは、
他でもない、私たち総務なのです。
舞台装置が変われば、働き方も変わらざるを得ず、会社を大きく変えることができるのです。
実は総務は、それだけ全社におけるインパクトを持つ仕事が、できる「はず」なのです。

企業の予算のうち、最大のものが人件費。その次が賃借料等を管理する総務管轄予算です。
お金の面からも大きなインパクトを与えることができるのです。

「総務が変われば、会社が変わる」
この実現に向けて、総務で働く皆さんが元気になる情報を発信していきたいと思います。
みなさんの所属する総務部の活性化に、少しでもお役にたてれば幸いです。
それでは、みなさん、よろしくお願いいたします!

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • どうする?高齢者を雇用するときの労務リスク管理

    どうする?高齢者を雇用するときの労務リスク管理

    平成25年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、事業主は希望者全員を定年後も65歳まで雇用する義務を負うことになりました。高年齢労働者が増える今後に向け、総務・人事担当者は高齢社員の労災リスクに対応することが必要になります。

    掲載日:2018年01月22日総務・人事
  • 健康経営とは?最新事例と取り組み・認定制度を紹介

    健康経営とは?最新事例と取り組み・認定制度を紹介

    健康経営という言葉が良く聞かれるようになってきました。従業員が健康であれば、モチベーションも高く、生産性も高い状態で働けるので、当然企業への貢献も高いはずだと、そのような意味合いで、健康経営を一つの経営戦略として、多くの企業で取り入れているのです。しかし、具体的にどのようにしたら良いのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。(注「健康経営」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標)

    掲載日:2018年01月19日総務・人事