「開き毛穴」が改善されないまま過ごすと「たるみ毛穴」になる

開き毛穴が悪化してたるみ毛穴に進化

開き毛穴が悪化してたるみ毛穴に進化

「開き毛穴」と「たるみ毛穴」実は2つの毛穴は全くの別物ではありません。「開き毛穴」が改善されないまま過ごしていると、加齢によって「たるみ毛穴」へと変化していきます。「たるみ毛穴」が起こってしまう前に、早めの段階でケアすることがまず大切です。


たるみ毛穴が起こる原因・メカニズム

開き毛穴が悪化して起こるたるみ毛穴

開き毛穴が悪化して起こるたるみ毛穴

老化によって肌がたるむと、本来丸い形をしている「開き毛穴」がたるんだ皮膚に引っ張られ、細長く開いてしまいます。この状態が「たるみ毛穴」です。

35歳を過ぎた頃から目立ちはじめます。「たるみ毛穴」で気になるパーツのNO.1として頬があげられ、メイクをしても隠れにくく、その特徴的な楕円形から、「しずく型・涙型毛穴」とも呼ばれます。

では、どうして肌はたるんでしまうのでしょうか? 肌のたるみは、加齢だけではなく紫外線、喫煙などで発生する活性酸素の影響によって肌のハリや弾力をつかさどる真皮のコラーゲンやエラスチンが変性することで起こるといわれています。


たるみ毛穴がさらに進行して起こる帯状毛穴

たるみ毛穴がさらに進行して起こる帯状毛穴

たるみ毛穴がさらに進行して起こる帯状毛穴

「たるみ毛穴」がさらに進化すると、たるんだ毛穴がつながってしわのように見えることも! これは「帯状毛穴」と呼ばれ、加齢によって毛穴だるみが起こり、毛穴同士が縦に伸びて連結することで、シワを誘発する現象です。

「開き毛穴」になりやすい、若い頃脂性肌で、なおかつ日焼けをよくしていた、タバコを吸っていた、という人に多く見られるので注意が必要です


徹底した紫外線対策でたるみ毛穴をストップ!

紫外線ケアが重要

紫外線ケアが重要

毛穴トラブル全般に言えますが特に「たるみ毛穴」にとって、紫外線は大敵。紫外線(特にUV-A)は、肌に到達すると活性酸素を発生させ、真皮内に存在する、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させたり、コラーゲンを破壊する酵素を増やしたりなどの悪影響をもたらします。

若い頃から紫外線対策を怠ってきた人は、その蓄積が加齢にプラスされ、「たるみ毛穴」がひどくなってしまうのです。加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少は止められませんが、紫外線であれば日焼け止めで対策することができます。

日焼け止めを選ぶ時は、UV-AをカットするPAの値をチェックし、最高値である「PA++++」を選ぶと安心です。塗る量も大切。一度塗りしてから再度頬の高い部分など焼けやすい部分に重ね塗りをしましょう。

また、タバコも肌にとって悪影響を与えます。タバコを吸うと体内でビタミンCを大量に消費。ビタミンCは、皮膚のハリや弾力を支えるコラーゲンの生成を助ける役割があり、ビタミンC不足に陥った皮膚はハリや弾力が低下しやすくなってしまいます。また、タールをはじめとする多くの有害物質も身体の内部だけではなく、肌にも悪影響を及ぼします。

その結果、毛穴まわりの皮膚がたるむことで毛穴を引き締める力が弱まり、毛穴が開いたり「たるみ毛穴」ができてしまうのです。美肌を育みたいなら禁煙が鉄則です。


ホームケアに美容皮膚科での施術を組み合わせて

「たるみ毛穴」のケアには、お肌のハリや弾力を取り戻すことが一番重要。コラーゲンやエラスチンを生成している線維芽細胞を活性化させるスキンケアを行います。

ホームケアでは、線維芽細胞を活性化させるビタミンC誘導体やナイアシン、 レチノールといった成分が配合されているものや、リフトアップやエイジングケア用のスキンケアアイテムを使用して、これ以上悪化しないようにケアしましょう。ただここまで症状が進んでしまうと、自宅のケアだけでは改善が難しいのも事実です。また、ハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンの生成を促すサプリメントを試すのも一つの手。

本気でたるみ毛穴を改善したいならば、美容皮膚科での治療も有効です。

<フラクショナルレーザー>
レーザーで皮膚に小さなホールを無数に開け、自己再生能力により細胞分裂が活性化されます。開けたホール周囲にはりのあるお肌が甦るというレーザー方法です。毛穴のある部分のみにしっかり点状照射をし、真皮にまで刺激を与える事で皮膚の再生を促しダイナミックに肌の入れ替えを行います。「鼻の開き毛穴」にもお薦めです。3~4週間に1度、4~6回の施術をお薦めしています。

【参考価格】
両頬 3万7000円、鼻 2万4000円 /渋谷スキンクリニック


毛穴ケア関連記事



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。