オーラがある男が無意識に行っている生活習慣とは

オーラ溢れる大人男のプライベートはどうなっているのだろう?

オーラ溢れる大人男のプライベートはどうなっているのだろう?


オスヒエラルキーの頂点に君臨する「オーラのある男たち」。彼らは仕事が充実しているだけでなく、プライベートにおいても充実した時間を思うがままに堪能している。40代になって50代になってもその充実度は陰りを見せることはない。

それどころか「色気」にますます磨きがかかり、全世代の女性からの熱い視線が注がれる。

たとえ離婚をしていたとしても「セカンド婚活」に焦る事なく、自然体の自由な恋愛生活を営む。離婚をして「再売り出し中」の大人女性もまた同じ心境であり、自然体の恋愛スタイルを楽しむ「オーラ溢れる大人 男」と出会い、1秒1秒、大人の恋愛を楽しむケースがめずらしくない。

ガイドが運営するコミュニティや市場、あるいは人脈のなかにはとかくこの手の「自由恋愛男女」が多く生息する。彼らは互いに適度な距離感を保ちながら人生の中庭を楽しんでいる。

30代中盤以降50代の男性が、20代の頃のように、いや、それ以上に恋を純粋に楽しんでいる。今回はそんなオーラのある男のライフスタイルについて紹介したい。


「懸命に働いた後」に街に繰り出す

「あぁ、今日は働いたな~」と思える日こそ、そのまま家に帰らずに、繁華街に繰り出し、仕事で貯まった疲れと邪気を発散し、陽のパワーを摂取する。休眠替わりに半径1メートル以内で女を感じるための冒険に出る。完全燃焼しきって、脳を「快」の状態にしたまま眠りにつく。この「快」へのリセットの繰り返しにより、ストレスが帳消しになる。これがオーラが生まれる要因である。


仕事抜きの世界で「強いオスの群れ」に属している

強いオスの群れのなかに身を置いてこそ、男のオーラは磨かれる。
仕事のパワーが通用しない「オフタイム」において、素の“オス”力によって引き合った「強いオス同士」のコミュニティを形成する。強いオスの群れに入るには「遊び」を知ることが必要になる。遊び筋力が鍛えられればこそオスのオーラは磨かれる。遊びは「力」である。会社と家の往復を辞めることが最初の一歩となる。


人を喜ばせることを「生き甲斐」としている

皆を楽しませるには、自分ひとりが楽しむよりも、もう一段階上のエネルギーが必要だ。人が楽しむきっかけを与えてあげるという、奉仕の気持ちを持った時点で、自分自身のエネルギーも高まる。自分が行動を起こし、自分だけではなく皆が楽しんで一体感が生まれた瞬間、もう一段階上のエクスタシーを感じる。その快楽状態が男のオーラを強化する。


好きな場所、モノ、人とだけ過ごす

休日には好きな事だけして過ごす。これにより快楽ホルモンが分泌され、肌もツヤツヤになる。やるべきことばかりに縛られていると、本当に好きな事がわからなくなってしまう。そうならないように欲求を解放しよう。好きな場所で、好きなことを、好きな人とする。それだけでたちまちエクスタシーオーラが体の外に溢れ出す。


都会的オーラと大自然オーラをブレンド摂取している

都会には人々の向上心と善意と欲望がつくり出したエネルギーが充満している。ここでしか得られないエネルギーがある。これは例えるならば「超高級肉」。とろけるように美味だが摂り過ぎは体に毒となる。ときには自然のエネルギーを摂取したい。都会のエネルギーの摂取と、自然のエネルギーの摂取。オーラのある男は婚2つをバランスよく実施している。自然の摂り過ぎも文化的オーラを枯れさせるから、バランスよく摂取をすることをお薦めしたい。


旅で心の老廃物を除去している

旅をすると好奇心で心が満たされ興奮状態になる。数々のハプニングも楽しみながら乗り越えようとするマインドになる。体のなかの悪いエネルギーが中和され、クリーンなオーラを身に纏うことができる。


自分に目を向け、自分をデザインしている

人は見た目が9割とも言われる。見た目をセンスアップしたりデザインすると、セルフイメージが磨かれ、自尊心が高まり、内面のエネルギーの流れも変わる。物腰や言動、声の張りにも変化がおきる。外見センスに自信がつくと、男のオーラも良質に変化する。


綺麗どころの女友達が10人以上いる

美女に対し、同時に適度に冷静に、発情している。この状態がオスの色気を醸造し、それがオーラとなる。男性ホルモンが活性化し、美女から認められていることでオスの自尊心が最高潮に保たれる。年齢よりも若く見える状態も維持できる。美女慣れするだけで男には相応の勝ち組オスオーラが醸し出される。


仕事以外のアナザーパラダイスを持っている

会社外に自分を語れる圧倒的な世界を持っている。仕事を切り離しても充分アイデンティティが成立するようなパラダイスを構築しよう。会社の一部になってはいけないのだ。切り離したもう一つのステージを持つように心がけたい。

さあ、どうだろう? どれも意外に基本的なことばかりではなかっただろうか。しかし、多くの人はこの当たり前のことができていない。時間が足らない、お金が足らない、あるいは気力が足らないなどの理由で、これらを後回しにする。

それがオーラを枯らす原因をつくる。

本来、オスは皆、オーラを身に纏っているものなのだ。しかしいい歳だからといって色恋を放棄したり、若い頃に本当にやりたかったことを今更と諦めたり、あるいは会社と家の往復だけになって「自分流」を忘れたり……そんなこんなでオーラを枯らせてしまっている。

上記のアクションを意識することでオスのオーラは必ず取り戻せる。人生は長くなった。オーラを枯らさずにいつも艶と色気のある男の鮮度を維持したいものである。


【関連リンク】
ガイド潮凪洋介 著書「男のオーラのつくり方」
【ガイド記事】女がフレンチキスしたくなる「色気男」の正体
【ガイド記事】女を一瞬で腰砕けにする「男の自信」の作り方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。