大人だからこそできる愛し方

「大人の愛し方」で深く愛される!

「大人の愛し方」で深く愛される!

「好き」だという思いを相手にぶつけることばかりが愛情ではありません。

大人だからこそできる愛し方があり、それができるからこそ、深く愛されることもあります。一歩大人になりませんか?今回は「大人の愛し方」の例を3つ紹介します。


大人の愛し方1:1人にさせてあげられる

個人差はありますが、男性は特に「1人になりたい」と思うことは多いものです。男性は女性のように友達に何でも悩み事を相談することは多くはないので、その分1人で気持ちの整理をつけたいこともあるのでしょう。

そんなときにパートナーが「寂しいの」「傍にいたいの」といったことばかり言っていると、うざったがられてしまいます。

相手を1人にさせてあげられるくらいに、自分もきちんと自分1人で立っていられるような自立心を持つことは、大人として大切なことです。
それだけではなく、パートナーが悩んでいる時、相手が望んでいないのに傍にいたがる人は、「自分を必要とされること」を望んでいます。それは「依存」であることに気付きましょう。

そういう人は、「相手のため」と言っておきながら、「自分のため」の行動をしている人も少なくありません。本当の意味で、相手をサポートしたいわけではなく、「相手の役に立つことで、自分の存在意義を感じたい」と思っているだけなのです。お節介やありがた迷惑をする人もそういうタイプが多いです。

相手が自力で立ち直れるということを信じて、1人にさせてあげるというのも愛情です。「見守る」というのが、実は大人ならではの愛し方でもあるんですよね。

次に紹介することも、子供ではできない愛し方です。次のページをご覧下さい。