“プラトニック不倫”はアリ?

プラトニック不倫は、許される行為か!?

プラトニック不倫は、許される行為か!?

結婚しても、人を好きになってしまうことはあるもの。そんなとき、不倫に突き進まないまでも、相手と関係を続ける人もいます。
「一線を越えない不倫」はアリかナシか。今回は、“プラトニック不倫”について考えていきたいと思います。

“プラトニック不倫”と言っても、パターンはいくつかあります。その中でも主なものは、下記の2つでしょう。
・パターン1:どちらか、もしくは両方が結婚しているけど、相手に好意を抱いてしまい、不倫に突き進まないまでも友情関係を築く関係
・パターン2:Hはしていないだけで、それ以外は恋人同士と変わらないような関係


パターン1も2も、パートナーからしてみたら、たまったものではないでしょう。ただ、パターン1の場合は、パートナーを尊重していないわけではありません。

ある意味、友達関係は人として惚れないと関係が続かないことが多いので、異性、同性限らず、大きな意味では“プラトニックラブ”であるとも言えます。だから、極端なことを言ってしまえば、程度の差こそあれ、パターン1は「多くの夫婦に当てはまりやすい状況である」と言っても過言ではありません。
それこそ、パートナーの心を独占したいからと、友達関係を制限し、束縛するのは、“お子ちゃまの愛情”とも言えます。

もちろん「男と女に友情はあるか、ないか」ということは、人によって考えは違います。でも、世の中には友情が成立している男女の関係があるのは確かです。だから、パターン1であるなら、パートナーもそれくらいは許せるくらいの寛大さはあった方がいいかもしれません。

ただ、パターン2の場合は、話が違います。これは心でパートナーを裏切っています。だから、法に触れるわけではありませんが、アウトだと言えるでしょう。
世の中には、結婚生活がうまくいっていないからといって、セカンドパートナーを探す人もいます。でも、本来、自分と支え合う相手はパートナーであり、それができていないときは、他の第三者で代用するのではなく、まずは2人の関係を見つめ直すことが重要です。
そんなときに、第三者で誤魔化してしまっていては、夫婦の関係がますます冷え切ってしまうし、何よりもパートナーに失礼です。

さらに、パターン2でありがちなのが、最近話題になっている「Hはしていないけど、密室で2人っきりになる」という行為です。これは、「法は犯していないから、罪ではない」なんて、そんな単純な話ではありません。それについては、次のページで紹介します。