AKARI

写真1.AKARI

写真1.AKARI(yamagiwa HPより)


これは世界的に有名な日系アメリカ人彫刻家であるイサム・ノグチがデザインしたAKARIシリーズのひとつです。彼は、和紙を透過した光が、太陽からの自然光に近いことを感じ、これを照明器具としてではなく、光の彫刻としてデザインしたと言われています。現代美術と日本の伝統が見事に融合した光のオブジェAKARIは、1952年から約40年にわたり、様々な形やデザインの作品が生まれました。

外観はピンと張った和紙の胴体に、かぼそい3本の鉄製ワイヤーの脚部。全体を可能な限り軽く作るようデザインされていることもあり、どことなくアンバランスで、はかなげな印象です。同シリーズはデザインもサイズも豊富です。

写真の器具は高さ123cmで、少し低めの椅子の横に置くスタンドとして、ちょうどよい高さなのです。通常の和風器具のように木枠の外観ではないので、和洋を問わず、空間にすんなりと馴染みます。

和紙は産地によって、光を透過した感じが微妙に異なります。ここで使われている和紙は、岐阜提灯で有名な美濃紙。この和紙は光の透過と反射のバランスがよく、夜はもちろん、昼でも自然光が差し込む部屋ではその存在感が現れます。また、美濃の国は竹の産地としても有名でした。AKARIは骨組み部分に竹ヒゴを使い、直線的でありながらも、どこかしらやさしい風合いが感じられます。

ランプは、E26 普通ランプシリカ(白色電球) 100Wを使用していますが、E26の電球型蛍光ランプA型に変えることもできます。輝度が抑えられた優しい光のもとで、ゆったりした気分で雑誌などを読むことも可能です。普通ランプを使用した場合、調光器を取り付ければ、明るさをも調節でき、ランプ寿命も長くなります。

その場の雰囲気に合わせて、少し明るさを落とすことで、リラックスな雰囲気をさらに高めてみてはいかがでしょうか。

<商品データ>
商品名: AKARI
デザイナー:Isamu Noguchi
ブランド:Ozeki
サイズ:幅53cm 高 123cm
ランプ:E26 普通ランプシリカ(白色電球) 100W×1 電球型蛍光灯A型(電球100Wタイプ)
問合せ先:株式会社オゼキ 

【関連記事】
「有明行灯」 
「和室の照明」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。