お部屋に絵を飾る方も増えているこのごろ。絵を光で照らすと引き立ちますし、視線も自然と引き付けられてアイポイント効果も高くなります。せっかくですからより美しく見えるように光で演出して楽しめるといいですね。今回は、絵画への照明としてダウンライトとスポットライトを使う場合の注意点をご紹介しましょう。

 
<INDEX>
 
 

照らし方を考える

照明の効果は高いとはいえ、照明はスイッチや配線出しといって工事が必要な場合がほとんどです。新築やリフォームの際には、是非アイポイントの計画と共に、どんな照明で演出するのかを合わせて考えてみてください。お部屋の雰囲気は格段に良くなりますよ。

絵の演出用の照明を考える場合には、まず初めにどの場所にどんな風に絵を飾るのかを検討します。
例えば下の画像を見てみましょう。左手の2枚の絵にダウンライトの光が当たり、絵がくっきりと浮かび上がるように見えていますね。お部屋全体の明かりを暗めにして、絵だけを浮かび上がらせると、いつもとは違ったドラマチックな空間も楽しめます。

このような場合には、光が集中する白熱灯のダウンライトを選んで、周りとの明るさ感を大きく変えると良いでしょう。

絵画の照明
光を当てることで左側の絵がいきています。白熱灯のダウンライトは、光を集中させるのが容易。(画像:松下電工)

この下の画像は、絵だけでなくソファの後ろの壁全体を下から照らしています。ギャラリー風にいくつかの絵を飾る、気分によって絵を掛けかえたいといった場合には、絵だけに光を当てるのではなく、壁面全体を明るくしてもいいですね。この場合は、均一に光が当たるように、蛍光灯を棚の中に配置しています。

絵画の照明
ソファの背面の壁全体を明るくし、絵の位置や枚数の変更に対応。下から光を当てるのも面白い演出です。

絵の見せ方によっても照明方法は変わってきます。まずは絵の飾り方を考え、その絵を活かせるように計画の方針を立てると上手くいきます。そして、その計画には、どんなランプを使うのか、どんな照明器具にするのか、どこに配線するのかなどを検討していきましょう。

それでは、ご自宅で絵をライトアップする照明器具の特徴を次ページで紹介します。
ダウンライトですっきりと