先回はダウンライトとスポットライトについてご紹介しましたが、今回はブラケット(壁付け灯)とスタンドをご紹介しましょう。
デザインをインテリアスタイルに合わせれば、絵との相乗効果でアイポイント効果もアップします。

【関連ガイド記事】
絵を素敵に見せる灯り ダウン&スポット編

スタイルに合わせてブラケット

ブラケットも絵を演出するお勧めの照明の一つです。ブラケットは、それ自体の視覚的効果も高いので、絵とともにインテリアのアクセントとして楽しめます。

反対にブラケットは、位置が固定されるので、絵を頻繁に変えるという場合には対応が難しくなります。また、ブラケットの光の出方によって絵の見え方が変わってきます。どんな見せ方をするのか考え、ブラケットとの光の出方も考慮して選ぶとよいでしょう。

絵画の照明
左:白い台座がエレガントなブラケット。下方に多く光が広がるタイプ。右:絵のみに光が当たるピクチャーライト。渋い金色は落ち着いたインテリアに。(画像:松下電工)

絵にきちんと光が当たるようにするには、下方に光が多く出てくるタイプのブラケットを選び、ブラケットを絵の上に配置します。

上の画像左側のブラケットは、ガラスのセード使いで下方と全体に柔らかな光が出てくるタイプです。絵にも光が当たりますが、周りもふんわりと明るくなり優しい雰囲気になります。

上の画像右側は、ピクチャーライトといって絵を照らすためのブラケットです。光はブラケットの下のみから出てきます。周りの明るさとのコントラストが生まれ、照らされた絵が引き立ちます。レストランなどで、壁の絵をこのようなブラケットで演出しているのを見かけますね。

絵画の照明
壁面を明るくすると壁面方向に視線を引きつける効果がある。もう少し小さいブラケットで絵の両側を照らすという方法もあり。(画像:松下電工)
反対に光が上方向や回り全体に広がるタイプのブラケットは、絵画を直接照らすよりも壁面全体を照らすのに向いています。ブラケットは壁面のアクセント効果も高いですし、光で壁面を照らすことで視線を向かせる効果が生まれてきます。画像のように、絵を中心にシンメトリーにブラケットを配するのも壁面全体が美しく見えますね。
次ページでは手軽に楽しめるスタンド使いをご紹介します。
スタンドで気楽にトライ>>