なりたい肌に仕上げたい!ファンデーションは何で塗るのが正解?

e

ファンデーションは何でつけていますか?

みなさんは、ファンデーションをつける時、何を使っていますか? ガイド自身は、リキッドファンデーションやクリームなどの液状ファンデーションを好んで使用しているため、スポンジもしくは手でつけることが多いです。

しかし、ある化粧品発表会でファンデーションブラシの使い方を教わり、手軽さや仕上がりの良さに驚き、最近ブラシにも目覚めているところです。ブラシであれば、パウダーファンデーションにも使用でき、なりたい肌に合わせてファンデーションタイプを選ぶことができる点が魅力的!

このように、ファンデーションをつけるツールは色々とあります。どれが自分に合っているのかわからないという人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、手、スポンジ、ブラシでファンデーションを塗る時のメリット・デメリットを、それぞれの塗り方のポイントと一緒にご紹介します。

【手】肌の調子を手で感じながらファンデーションをつけられる

a

手なら肌の状態に合わせて調整可能

■手のメリット
  1. スポンジやブラシを用意しなくてもよいので、いつでもどこでもメイクできる
  2. 道具を使わないのでコストも抑えられる
  3. 直接肌に触れるため、自分の肌の状態に合わせてメイクできる。例えば、乾燥が気になる時は、ファンデーションに乳液をプラスするなど、臨機応変の対応が可能
  4. 小鼻の周りなど、細かい部分も指先を使えばしっかりつけられる

■手のデメリット
  1. 手が汚れる
  2. ファンデーションが浮きやすいため、メイクが崩れやすい
  3. スポンジなどのように均一に伸ばすことが難しいので、慣れていない人はムラになりやすい

■手で塗るポイント
手の場合、指3本(人差し指、中指、薬指)の腹の部分を使って均一に伸ばすようにしましょう。毛穴やシミなど気になるところは、トントンと軽くたたくようにつけるとカバー力がアップします。また、仕上げにお粉をのせるとさらり肌になれるのでオススメです。

【スポンジ】手軽で簡単にファンデーションをつけられる

s

スポンジならテクいらずでムラのない肌に

■スポンジのメリット
  1. 手が汚れない
  2. 均一に伸ばすことができる
  3. 余分なファンデーションを吸収してくれるので、厚塗りになりにくい。ナチュラルな感じに仕上がるので、メイクも崩れにくい
  4. 均一なベースが作れるため、その上にのせるチークの発色も良くなる

■スポンジのデメリット
  1. しっかりオフする必要があり、クレンジングの際の肌の負担が気になる
  2. 定期的にスポンジを洗ったり、交換したりしなくてはならず、ひと手間増える
  3. 特にリキッドやクリームファンデーションを使用の場合、ケースがないので携帯する時に不便
  4. シミやクマなど気になる部分は叩き込むようにつけるなど、若干のテクニックが必要

■スポンジの塗り方のポイント
パウダー、リキッド、クリームどれでも、できればスポンジの半分にファンデーションをつけて、顔全体になじませるようにしましょう。気になる部分は優しくトントンと叩き込むようにつけるのがポイント。仕上げに、ファンデーションがついていない残り半分の部分で顔全体を軽くパッティングすると、なじみが良くなり化粧崩れも軽減できます。

次は「ブラシ塗りのメリット・デメリット・ポイント」について解説します。