インプレッサスポーツをベースにした新型XV。SUVとしての実用性が向上

すでに先行受注を開始していたスバルの新型XVが正式発表された。インプレッサスポーツと呼ばれる5ドアHBをベースに、雪道や悪路なども走れるよう最低地上高を高くしたカジュアルなSUVで、先代は世界的規模でヒットしている。果たして新型の魅力やいかに?

スバル・新型XV

スバル・新型XV


写真を見て頂ければ解る通り、新型もインプレッサスポーツのボディをそのまま使う。ただ前後バンパー形状や、広がったタイヤをカバーするため加えられたフェンダーなどにより、雰囲気がずいぶん違う。並べてみても別のクルマに感じるほど。実際、ボディサイズは一回り大きい。

XVのサイズ

新型XVのボディサイズ


全長こそ5mmしか違わないけれど、全幅は1775mmから1800mmに。全高も1480mmより70mm高い1550mmになった。なかでも背の高さはクルマの”見え方”を大きく変える。車格的にワンランク上がった雰囲気。ちなみに多くのタワーパーキングは1550mmまで利用可能である。

XVの乗降性

実際の乗り降りにはXVくらいの高さがちょうど良い


実車を見て「いいね!」なのが乗降性の良さ。クルマに乗るときも降りるときも、低い位置にシートがあると高齢の方に限らず「よいしょ!」。シート位置を低くした新型プリウスなど、乗り降りにストレスを感じるほど。インプレッサも悪くないが、XVくらいの高さでちょうど良い。

また、悪路を走れそうなスタイルながら最低地上高が低いモデルも増えている中、本格的なSUVと同等の200mmを確保。雪道や悪路で決定的な使い勝手の差になる。新雪や深いワダチの出来た雪道だって苦にならないし、デコボコのある河原や林道でフロアを擦らず走れるレベル。

もちろん安全性能だってインプレッサと並び世界最高水準だ。自動ブレーキは停止している車両に対し50km/hノーブレーキで接近して停止可能な性能持つアイサイト3(歩行者も探知)。乗員を守るサイド&カーテンエアバッグや、歩行者用のエアバッグなど全グレードに標準装備される。

インプレッサとの差は10万8千円。リセールを考えると、XVがお得か?

新型XV

1600ccと2000ccエンジンの2タイプが用意される


グレード展開は全モデル4WDで(スバルはAWDと表示)、1600ccと2000ccエンジンの2タイプそれぞれに、ベーシックと上級の2つずつ用意される。気になる価格だけれど、同じ装備内容のインプレッサと10万8千円差。思ったよりお手頃かつ、戦略的価格設定だと思う。

このくらいの金額差だと、リセールバリューで逆転するだろう。すなわちXVの方が10万8千円高くても、数年後に手放す時はそれ以上高い査定が付くと言うこと。インプレッサスポーツとXVで迷ったなら、後者を選んで得だと考える。実用燃費で若干XVが負けているけれど、運転誤差の範囲。

1600ccか2000ccか、となった場合、クルマ好きなら走りに余裕のある2000ccをすすめておく。といっても1600ccがダメということではない。走る楽しさは20%増しといったイメージ。2000ccとの価格差はキーレスエントリーと本革ハンドルを含めて23万7600円。大いに迷います。

■最近の記事
新型インプレッサ、1.6Lと2.0Lで実力はどう違う?
アウトランダーPHEVは日本車のベスト3に入る車だ
レクサスの新型車「LC500」発売。魅力はどこにある?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。