2ペダルMTではなく5速AT

A-Lineの価格は315万円で、プレミアムパッケージは336万円となる。ちなみにMTのWRX STIは368万5500円

すでに他ガイド氏の記事にあったとおり、インプレッサWRX STI(以下STI)にATを搭載した「A-Line」が追加されました。

ところでふと見わたすと、宿命のライバルのランサーエボリューションや、GT-Rもそうだし、あるいはドイツ勢のVWやアウディ、さらにはポルシェやフェラーリなどの超高価車も、どんどん2ペダルMT化されている現実があります。STIについても、2ペダルMTの登場に期待していた人も多いことと思います……が、まずは、とにかくAT免許で運転できるSTIが登場したことを歓迎しようじゃありませんか!

AT化によりメーターにシフトポジションの表示が備わり、レッドゾーン開始はMTの8000rpmから6700rpmへ。ステアリングコラムから、Dレンジでも一定時間マニュアル操作を受け付けるパドルシフトがはえる

こうした高性能車でATというと、かつてランサーエボリューションにも、「GTA」というAT搭載グレードがあったことを思い出しますが、こちらSTIでは歴代を通じてまったく初めて。インプレッサの場合、かつてのセダンだった時代にも、同じく走り系セダンとしての地位を確立していた兄貴分のレガシィがあります。あるいはハッチバックになった今、あえて比較的年齢の高い層に向けるのであれば、アネシスがベースでもよかったという意見もあるかと思いますが、それこそレガシィとキャラがかぶってしまいます。やはり、今回のA-Lineのように、ハッチバックをベースに、STIのルックスとパフォーマンスを与え、それに5速ATを組み合わせたことにこそ存在価値があるんじゃないかと思います。

また、2ペダルMTではなくATである点について、気をもむ人も少なくないでしょう。A-Lineを買おうかという人は、それなりに意識の高い人であるはず。しかし、ATだからこそ得られるよい点もたくさんあるのです。それを今一度、思い起こしてみたいと思います。

STIのMTとA-Lineではシートの設定が大きく異なる。MTでは標準でアルカンターラ/本革、オプションでレカロ製シートが選べるが、A-Lineでは標準でファブリック/合成皮革、オプションで「プレミアムパッケージ」に含まれる本革シートが選べる。ただ、A-Lineでもレカロを選べたほうがいいのではと思う


次ページでATのメリットを