「本家」と「分家」はどう違う?

スバル・ステラ

ダイハツからのOEM供給となり、ベースとなるのは軽自動車の中でもトップクラスの人気を誇る「ムーブ」だ


「トマール猿人」を搭載したスバル・ステラが発売された。アイドリングストップ付きのダイハツ・ムーヴのスバル仕様である。こういったモデル、急増傾向。日産で販売している軽自動車に関しちゃ、全てスズキや三菱自動車製だ。果たして「本家」を買うべきなのか、それとも「分家」を買うべきなのか?

まずクルマの内容だけれど、基本的には同じだと思っていい。ただステラについて言えば、全グレードフロントスタビライザー付きだったり、サスペションの味付けが若干違っていたり、シートベルトのスペックをワンクラス上げたりしている(それでも価格をムーヴと同等に抑えてきた)。

スバル・ステラ

10・15モード燃費で27.0km/L(アイドリングストップ付き)ない場合は、25.0km/Lとなる


日産の軽自動車やステラを除くスバルの軽自動車は微妙な装備差などあるものの、同等の価格設定。考えてみれば本家より安くて良い装備のクルマを分家で売らせるワケない。生産だけ行うより「作って売る」方が儲かりますから。もし迷ったなら次ページで紹介する三つのファクターで決めればいいと思う。