基本のリボンヘアのやり方と簡単バリエーション

リボンヘアのゴムいらずな作り方!自分の髪でできる簡単ヘアアレンジ

hair&make WAKO(anti)

自分の髪を使ってリボンの形にする「リボンヘア」。リボンの大きさや位置によって、かわいい雰囲気からインパクト大のスタイルまで、ガラッと印象が変えられるので、一度は試してみたいヘアアレンジの一つですね。難しそうに見えますが、実はコツさえ覚えてしまえば誰でも簡単にできちゃいます!

今回は基本のリボンヘアのやり方と、リボンの大きさや結ぶ位置による印象の違いについてもわかりやすく解説。コテで巻かなくても、ゴムを使わなくてもできるお手軽アレンジなのでぜひマスターして下さい!
   

ベースのスタイル

鎖骨下のミディアムローレイヤー
鎖骨下のミディアムヘア

鎖骨下のミディアムヘア

 

おすすめのタイプ

顔型:すべて
髪質:すべて
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~ややあり
 

ヘアアレンジのやり方

サイドの髪をざっくり分ける

サイドの髪をざっくり分ける

1. サイドの髪を耳の後ろ付近で、ざっくりと分けとります。
 
サイドの髪を後ろに持ってくる

サイドの髪を後ろに持ってくる

2. 左右で同じくらいの分量の髪を分けたら、毛先を後ろに持っていきます。
 
後ろでひとつに結ぶ

後ろでひとつに結ぶ

3. ハーフアップの要領で、シリコンゴムでひとつに結びます。ゴムは髪色に近いものを選びましょう。
毛束を3つに分ける

毛束を3つに分ける

4. 結んだ毛束をざっくりと3つに分けます。(A)と(B)は同じくらいで、(C)はその半分くらいの分量にします。
(B)の毛束でリボンの輪っかを作る

(B)の毛束でリボンの輪っかを作る


5. 作りたいリボンの大きさで輪っかを作ります。(B)の毛束を左側にクロスさせ、毛束の中間部分と毛先を持ちます。※次の工程で毛束をひねるので、左手の持ち方が重要です。
 
下から上に向かってひねる

下から上に向かってひねる

6. 5の状態から手の平を返して、輪っかの部分を180度ひねります。ひねることで、輪っかが崩れにくくなります。
指で押さえていた部分を仮留め

指で押さえていた部分を仮留めする


7. ダックカールで仮留めします。先ほど指で押さえていた部分をしっかり留めておきましょう。
(A)の毛束も同様に仮留め

(A)の毛束も同様に仮留め


8. (A)の毛束も同様に輪っかを作り、仮留めしておきます。
 
くるりんぱの要領で(C)の毛束を通す

くるりんぱの要領で(C)の毛束を通す

9. 右手で(C)の毛先を持ち、ハーフアップにした毛束の内側に、左手の親指とひとさし指を入れます。
 
赤丸印の部分に毛束を通す

赤丸印の部分に毛束を通す

10. “くるりんぱ”と同じ要領で、赤丸印の部分に上から毛束を通します。
左手で毛先を受け取る

左手で毛先を受け取る

11. 左手で(C)の毛束を受け取ります。
たるみをとってリボンの形に

たるみをとってリボンの形に

12. そのまま毛束を下に引きます。たるみがなくなるまで、しっかり引きましょう。
 
(C)の毛束は離さずに、アメピンで固定

(C)の毛束は離さずに、アメピンで固定

13. (C)の毛先を持ったまま、アメピンを留めます。下から上に向かって、アメピンが見えないようにしっかり押し込みましょう。
 
上から下にピンを留める

上から下にピンを留める


14. 今度は、上から下に向かってアメピンを押し込み、しっかり固定させます。
輪っかをUピンで留めて、リボンの形を整える

輪っかをUピンで留めて、リボンの形を整える


15. この時点で輪っかの部分が浮くようであれば、しましょう。リボンが頭の丸みに沿うようにすると、かわいく仕上がります。
 

上手く仕上がるポイント

毛束がたるまないようにアメピンをしっかり押しこむことで、リボンが崩れにくくなります。輪っか部分は、なるべく左右対称に作ると仕上りがキレイです。
リボンが崩れないようにしっかり固定

リボンが崩れないようにしっかり固定

リボンの大きさや位置による印象の違い

今回のような小さめのリボンヘアは、ナチュラルでかわいい印象に。毛束を細くすることで、より可憐な雰囲気になります。
小さめのリボンヘア

小さめのリボンヘア


大きめに作るリボンハーフアップは存在感があり、こなれた印象に仕上がります。
大きめのリボンハーフアップ

大きめのリボンハーフアップ


さらに太めのリボンをトップに持ってくると、華やかでインパクトのある仕上がりになりますよ。
トップに作る大きなリボンヘア

トップに作った大きめのリボンヘア


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。