スキー・スノボ天国、北海道! 道内で人気のスキー場ベスト18

   

    

スキー、スノーボードと言えば、断然北海道! 雪良しゲレンデ良し、景観も抜群。アフタースキーも情実しており、温泉もあれば地元グルメも満喫できます。今回はゴージャスなスキーリゾートからパウダーゾーン、さらにはイチオシの「穴場」スキー場まで、北海道の主要ゲレンデすべてを踏破したガイドが、最新の情報に基づいて目的別に紹介いたします。
 
<目次>
  1. ルスツリゾート【広、景、雪、家、リ、温】
  2. 星野リゾートトマム【広、景、雪、家、リ、温】
  3. 富良野スキー場【広、景、雪、家、リ、春、温】
  4. ニセコ グランヒラフ【広、景、雪、春、温】
  5. ニセコビレッジ【広、景、雪、家、リ、温】
  6. ニセコアンヌプリ【広、景、雪、家、春、温】
  7. キロロリゾート【広、景、雪、家、春、温】
  8. 旭岳スキーコース【景、雪、春、温】
  9. サッポロテイネ【広、景、家、温】
  10. さっぽろばんけいスキー場【家、近、安】
  11. 札幌国際スキー場【景、家、近、安】
  12. 札幌藻岩山スキー場【景、家、近、安】
  13. マウントレースイスキー場【広、リ、家、近、温、穴】
  14. サホロリゾートスキー場【広、景、家、リ】
  15. カムイスキーリンクス【広、景、雪、家、安、穴、湯】
  16. 小樽天狗山スキー場【景、家、近、安、穴】
  17. 朝里川温泉スキー場【景、雪、家、近、安、穴、湯】
  18. 中山峠スキー場【雪、近、春】

【 】内の意味
広:広いゲレンデ/景:景色が良い/雪:雪質が良い/家:家族で楽しめる/リ:リゾートの雰囲気/近:札幌市内や新千歳空港から近い/安:リフト代が安い/春:遅くまで春スキーが楽しめる/穴:穴場スキー場/温:施設内もしくは近隣に温泉がある
 

ルスツリゾート 

  

ルスツのイゾラ山頂から眺める羊蹄山

リフト・ゴンドラ合わせて18本、総滑走距離は42kmにも及ぶ広大なスキーエリアが自慢のルスツリゾート。良質のパウダースノー、イースト・ウェスト・マウントイゾラと3つのエリアに設置されたバリエーション溢れるコース、そしてテーマパークを思わせるゴージャスな雰囲気のホテルと、そのどれをとっても北海道で最大級のスキー場の一つと言えましょう。

特に晴れた日にはイゾラ山頂からは左手に洞爺湖を、また右手には羊蹄山の勇姿を同時に眺めるという贅沢な景観を独り占めすることができます。当スキー場の詳しい情報は「北海道の絶景ゲレンデ ルスツのパウダースノーを滑るおよび「北海道スキーの聖地・ルスツを味わいつくす5つのポイント」をご覧ください。
undefinedundefined

天気が良い日は眼下に洞爺湖の姿も

 
ルスツリゾートのDATA
おすすめのゲレ食:とろとろたまごのオムライス 1080円
日帰り入浴:ルスツリゾート サウスウィング大浴場 1080円 
営業時間:9:00~21:00、(ナイター営業は3月末で終了)
営業期間:11月~4月
住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13   
TEL:0136-46-3111
HP:https://rusutsu.co.jp/ski

ゲレンデマップ
  

  

〈目次に戻る〉
 

星野リゾートトマム

undefined

北海道屈指のスノーリゾート、トマム

広大なゲレンデ、トマムパウダーと呼ばれる極上の雪質、リゾート感覚あふれるリッチな雰囲気と三拍子そろった星野リゾートトマム。ここでは初心者から上級者まで、あらゆるレベルのスキーヤー、スノーボーダーが心ゆくまで満足できます。

エリア内にそびえる4つのタワーホテルを始め、波が出る巨大な屋内プール・ミナミナビーチ、氷の街・アイスヴィレッジ、また2017年12月にオープンしたホタルストリートなどの施設も充実しており、アフタースキーも充分堪能できます。トマムについての詳細はオールアバウトの関連記事「北海道でリゾートスキー!トマムの新雪とグルメを満喫も合わせてご覧ください。
undefinedundefined

トマムでリゾートスキーを満喫


星野リゾートトマムのDATA
おすすめゲレ食:cafe&bar「つきの」の「海鮮五目こぼれ寿司」 3000円
日帰り入浴:ミナミナビーチ内「木林の湯」 800円
営業時間:9:00~19:00、(ナイター16:00~19:00)
営業期間:12月~4月
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム  
TEL:0167-38-2101
HP:https://www.snowtomamu.jp/winter/

ゲレンデマップ

  

  

〈目次に戻る〉
 

富良野スキー場

undefinedundefined

リゾートと老舗、二つの顔を持つ富良野スキー場

新富良野プリンスホテルを中心に据える富良野ゾーンの「リゾートの顔」と、開業50年の伝統を誇る北の峰ゾーンの「老舗の顔」という、新・旧二つのキャラクターを兼ね備えた富良野スキー場。変化に富んだ広大なゲレンデと富良野特有のふわふわパウダースノー、そして眼下に広がる富良野の町並みとその彼方にそびえ立つ十勝岳の雄大な景観は、ここを訪れる多くのスキーヤーやスノーボーダー達を魅了してやみません。

北の峰のコース内には風水エネルギーが流れるパワースポットもあり、スキー、スノボを楽しみながら「元気の源」をゲットできます。詳細は関連サイト「富良野スキー場にパワースポットが?風水スキーで開運」をご覧ください。
undefinedundefined

風水エネルギーのラインをダウンヒル!


富良野スキー場のDATA
おすすめゲレ食:白いカレー 1400円
日帰り入浴:紫彩(しさい)の湯  1540円
営業時間:8:30~19:30 (ナイター16:30~19:30)、3月下旬より春スキー営業 9:00~16:00
営業期間:11月下旬~5月上旬(予定)
住所:北海道富良野市中御料   
TEL:0167-22-1111
HP:http://www.princehotels.co.jp/ski/furano/

ゲレンデマップ
 

 

〈目次に戻る〉
 

ニセコ グランヒラフ

  

ニセコで最大のグランヒラフ

ヒラフ・ビレッジ・アンヌプリ3つのエリアを合わせると450haを超え、北海道最大、いや日本全国でも最大の面積を有する「ニセコユナイテッド」。その中で最も規模の大きい「グランヒラフ」は、16本のリフト・ゴンドラを有しており、最長のコースは滑走距離が何と5.6km!天気の良い日は正面に鎮座する蝦夷富士・羊蹄山を眺めながら、山頂からダイナミックな滑りを楽しむことができます。

ただ、ここ数年来で良質の「ニセコパウダー」を求める海外からのスキーヤー、スノーボーダーが急増しており、朝一番のチケット売り場やお昼のレストランは混雑が予想されます。

なお、2017年シーズンからヒラフ山頂及び花園地区へアクセスする基幹リフト「キング第3リフト」が4人乗り高速リフトにリニューアルされ、一層便利になりました。
undefinedundefined

ヒラフゴンドラ


ニセコグランヒラフのDATA
営業時間:8:30~20:30 (ナイター16:30~20:30)
営業期間:11月~5月
日帰り入浴:ホテルニセコアルペン 1000円
住所:北海道虻田郡倶知安町字山田204   
TEL:0136-22-0109
HP:http://www.grand-hirafu.jp/

ゲレンデマップ
  

   

〈目次に戻る〉
 

ニセコビレッジ

undefinedundefined

リゾートスキーを満喫できるニセコビレッジ

ニセコエリア中央に位置するニセコビレッジスキーリゾート。山頂から一気にダウンヒルできるダイナミックなコースや原生林を縫って滑る林間コースもあり、上級者からファミリーまで幅広い層のスキーヤー・スノーボーダーが楽しめるゲレンデです。

ニセコヒルトンとグリーンリーフの二つのホテルはゲレンデと効率よくレイアウトされており、ホテルとリフト乗り場がほぼ直結している「スキーイン、スキーアウト」スタイルとなっています。

なお、2017年シーズンよりアッパービレッジゴンドラとリフト・ゴンドラが交互に運行されるユニークなビレッジエクスプレスも新設され、ホテルやショッピング&ダイニング複合施設からの移動がより便利になりました。
undefinedundefined

新設されたビレッジエクスプレス


ニセコビレッジのDATA
営業時間:8:30~20:30 (ナイター16:30~20:00)
営業期間:12月~4月
日帰り入浴:ヒルトンニセコビレッジ 1000円
住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉   
TEL:0136-44-2211
HP:http://www.niseko-village.com/ja/

ゲレンデマップ
  

  

〈目次に戻る〉
 

ニセコアンヌプリ

  

アンヌプリ山頂から羊蹄山を望む

アンヌプリ正面に向かって南西に広がっているのが、ニセコアンヌプリ国際スキー場。ここはゴンドラ1本、リフト数4本と他のエリアに比べるとコンパクトながらも、雪質と景色は最高!山頂から約3.5キロの「絶景ダウンヒル」が楽しめるコース設計となっています。

ここは北西の日本海から入って来る良質の雪が積もる場所となっているので、山頂付近のゲレンデコンディションは春でも上々。ゴールデンウィークまでスキー・スノーボードを楽しむことができます。

なお、前述のグランヒラフ、ビレッジ、アンヌプリ3つのスキー場は山頂で一つにつながっており、全山券を購入すれば山頂リフトを使った各ゲレンデのツアーを楽しむことができます。ニセコ・ユナイテッドの詳細情報は、オールアバウトのガイド記事「GWまで春スキー! ニセコの絶景を滑る」も合わせてご覧ください。
 
  

山頂で3つのゲレンデが合流


ニセコアンヌプリのDATA
営業時間:8:30~20:30 (ナイター16:30~20:30)
営業期間:12月~5月 
日帰り入浴:ニセコグランドホテル 800円
住所:北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485  
TEL:0136-58-2080
HP:http://annupuri.info/winter/

ゲレンデマップ
  

  

〈目次に戻る〉