パワースポットの原典は「風水」にあり

「一緒にパワースポットに行きませんか?」

こんなお誘いを受けると、それだけで楽しくなり、何やら体の奥から元気になってきますよね。この「パワースポット」という言葉、少し前からテレビ番組や週刊誌などでよく聞くようになりました。霊能者や占い師を始め、マスコミの有名人など様々な方が「ここがパワースポットだ」「あそこが癒しの場所だ」と紹介しており、あれもこれもパワースポットで少し戸惑い気味になっている方もいらっしゃると思います。

さてさてその「パワースポット」の正体とは?

ひとことで言えば「良いエネルギーが集結している場所」であり「気持ちが良い、元気の出る場所」です。このパワースポットという考え方、実は古来中国から伝わってきた「風水」からきているという事をご存じでしたか。

風水では大地のエネルギー、「気」の流れを重視します。それを昔の風水師達は天空を駆ける龍に例えて「龍脈(りゅうみゃく)」と呼びました。「祖山(そざん)」と呼ばれるエネルギーの噴出口から飛び出た龍は山脈に沿って流れていきますが、その途中の所々にエネルギーが貯まる場所、ちょうど東洋医学で言う人の体の「ツボ」に当たる場所を形成します。

この「大地のツボ」を現代風に呼べば「パワースポット」ということになるわけです。
1

天空を駆ける龍は大地のエネルギーの象徴


北海道を流れる風水エネルギーのルート

北海道の龍脈、北海道のパワースポットを考えるためには、まず風水エネルギーのルートを知る必要があります。

北海道を流れるエネルギーは、東と西にある二つの祖山から噴出しています。一つは北海道の最高峰、大雪山旭岳から噴出して、日高、阿寒、稚内の方向に流れる龍脈。そしてもう一つが、羊蹄山から道央の札幌、ニセコ、道南方面に流れる龍脈です。
2

東の祖山・旭岳山頂付近にある姿見の池

3

西の祖山・羊蹄山の夕暮れ

エネルギーの噴出口である旭岳と羊蹄山は、まさにその山自体がパワースポットです。またそのエネルギーのルート上には「旭岳ルート」なら阿寒湖や知床、また「羊蹄山ルート」なら洞爺湖にニセコなどなど、豊かな北の大自然に囲まれたパワースポット、癒しの地がたくさんあります。

本サイトでは、道内の観光をご紹介しながら、そういったパワースポットもおいおい紹介していく予定ですが、まずは北海道といえばここ。最も有名な場所であり、最も意外なここ……。

北海道の首都、「札幌」です。

>> 札幌の町は風水で作られた!?