髪を巻かないでできる!簡単な三つ編みシニヨンアレンジ

ヘアアレンジをする際、髪をアイロンで巻いておくと華やかに仕上がり、こなれた印象になりますね!ただ、時間が無かったりアイロンで上手く巻けなかったりと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、髪を巻かなくてもできる三つ編みシニヨンの作り方を紹介します。ツインテールした髪を三つ編みにして、お団子状にまとめた簡単ヘアアレンジです。崩れにくく、子供から大人まで似合う髪型なので、ぜひトライしてみて下さい!
簡単三つ編みシニヨンヘア

hair&make WAKO(anti)

ベースのスタイル 

鎖骨下のミディアムローレイヤー。
鎖骨下のミディアム

鎖骨下のミディアム


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:すべてOK

ヘアアレンジの方法・やり方

髪を斜めに分ける

髪を斜めに分ける

1. 右サイドのハチ部分から左バックの「ぼんのくぼ」まで斜めに分けとります。ジグザグに分けるとナチュラルに仕上がります。

サイドは、こめかみの上くらいから分けとる

サイドは、こめかみの上くらいから分けとる

2. サイドから見た状態がこちら。ミディアムの場合、センターで2等分するより、斜めに分けとる方が結んだ時に毛束が長めになります(ロングの方はセンターで2等分しても良いです)。

低めの位置でキツめに結ぶ

低めの位置でキツめに結ぶ

3. 低めの位置で、それぞれの毛束をシリコンゴムでキツめに結び、ツインテールにします。ボンのくぼ付近で結ぶと良いです。

両毛束が近めになるように結ぶ

両毛束が近めになるように結ぶとよい

4. 毛束を結び終わり、ツインテールにした状態です。両毛束の結び目は近めにしておきましょう。
 

キツめに三つ編みをつくる

毛先まで三つ編みをつくる

5. それぞれの毛束を三つ編みします。毛先ギリギリまで編みシリコンゴムで結びます。
 

斜めに分けているので、Aの毛束の方がやや高くなる

斜めに分けているので、Aの毛束の方がやや高くなる

6. 両毛束を三つ編みし毛先をゴムで結び終わった状態がこちら。【A】と【B】の毛束それぞれを崩します。根元の方から少しづつ指で引っ張り、ほぐしていきます。

Bの毛束を巻きつける

Bの毛束を巻きつける

7. 【B】の毛束を【A】の毛束の結び目に巻きつけます。赤矢印のように【A】の毛束の下を通して、1周させます。頭皮に毛束がピッタリ沿うように巻きつけましょう。
 

アメピンでしっかり固定する

アメピンでしっかり固定する

8. 巻きつけた毛束をアメピンで固定します。【A】の毛束の結び目の位置でピニングすると良いです。アメピンが1本で留まらない場合は数本使い、しっかり固定させましょう。

※今回はわかりやすいように金ピンを使用していますが、実際は髪色に近い、暗めのものを使用して下さい。
 

Aの毛束をBの結び目に持ってくる

Aの毛束をBの結び目に持ってくる

9. 青矢印のように【A】の毛束を【B】の毛束の結び目を隠すように巻きつけ、毛先を赤丸印の位置にもってきます。
 

Aの毛束を巻きつけた状態

Aの毛束を巻きつけた状態

10. このように、シニヨン風の丸いシルエットになります。
 

アメピンを数本使い、しっかり固定させる

アメピンを数本使い、しっかり固定させる

11.毛先を隠すように折り込み、アメピンで留めていきます。数本使って、しっかり固定させましょう。

上手く仕上げるポイント

最初に毛束を結ぶ際、両毛束を近い位置で結ぶとキレイな丸みのあるシニヨンになります。逆に離して結んでしまうと毛束を巻きつける距離が長くなってしまい、丸みが出辛くなってしまうので注意しましょう!また、三つ編みにしたあと、適度にほぐすことでボリュームが生まれ、こなれた雰囲気に仕上がります。
(OK例)なるべくセンター付近で結ぶとよい

(OK例)なるべくセンター付近で結ぶとよい

三つ編みをほぐすとボリュームが出てこなれた印象に

三つ編みをほぐすとボリュームが出てこなれた印象に


 サイド&バック

巻かずにできる簡単三つ編みシニヨンヘア

hair&make WAKO(anti)


巻かずにできる簡単三つ編みシニヨンヘア

hair&make WAKO(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。