切りっぱなしボブでもできる!簡単で華やかなセルフヘアアレンジ

今人気の切りっぱなしボブ。アップヘアにするにはちょっと長さが足りない……と思うかもしれませんが、実は肩ギリギリの長さがあれば自分でアップヘアができちゃいます。ご紹介するスタイルは、これも一番人気の低めのルーズなまとめ髪。中途半端な長さでも簡単にできるようにアレンジしたので、ぜひトライしてください!
切りっぱなしボブの結婚式ヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)

ベースのスタイル

肩につく切りっぱなしボブ。肩すれすれにつく長さのヘアスタイルです。髪質、毛量は問いません。
ゆるいクセのある肩すれすれボブ

ゆるいクセのある肩すれすれボブ


ヘアアレンジの方法・やり方

髪を2つにざっくり分ける

髪を2つにざっくり分ける

1. 分け目が目立たないように、手ぐしでざっくりと2つに分けます。左右でだいたい同じくらいの分量であればOKです。

それぞれねじり編みにする

それぞれねじり編みにする

2. 2つに分けた毛束をそれぞれねじり編みにします。ねじり編みの詳しいやり方は、「巻かずにできる簡単ねじり編み」を参考に。  

毛先を結んでおさげにする

毛先を結んでおさげにする

3. 反対側もねじり編みにして、毛先をシリコンゴムで結びます。

片方のおさげを逆サイドまでくぐらせる

片方のおさげを逆サイドまでくぐらせる

4. 片方のおさげを、逆サイドのおさげの下をくぐらせて、耳後ろまで持ってきます。長さが足りない場合は、届く位置まで(おさげの真下あたり)でもOK。

毛先をアメピンでしっかり固定する

毛先をアメピンでしっかり固定する

5. アメピンで毛先を固定します。1本で留まらない場合は2本使ってもOKです。頭皮からピンが浮かないように、しっかり固定してください。

両方留めた状態がこちら

両方留めた状態がこちら

6. もう片方のおさげも同様に、逆サイドのおさげの下に固定します。できるだけピンが隠れるように、毛束の中に押し込みましょう。もし隠すのが難しかったら、最後にバレッタなどの飾りをつけて隠してしまいましょう。

ピンクの点を水色の位置まで持ち上げる

ピンクの点を水色の位置まで持ち上げる

7. このままで形がきれいであれば問題ないのですが、画像のようにたるみが出た場合は、ピンクの点の部分を水色の位置まで持ち上げます。短い場合はたるみが出にくいので、そのままでOKです。

たるみ部分を引き上げたらピンで固定

たるみ部分を引き上げたらピンで固定

8. たるみ部分を持って、ぐいっと上に引き上げたら、矢印の位置にアメピンでしっかり固定します。ピンが頭皮から浮かないように注意しましょう。

たるみがとれてしっかり留まった状態

たるみがとれてしっかり留まった状態

9. たるみがとれてしっかり留まった状態。1本で留まらない場合は、数本使ってしっかり固定しましょう。

崩れないようにしっかり押さえながら毛束を引き出す

崩れないようにしっかり押さえながら毛束を引き出す

10. 全体を緩く崩していきます。土台をしっかり押さえ、指先で毛束を細く引き出しましょう。
前から見える耳まわりも細かく引き出す

前から見える耳まわりも細かく引き出す

11. 表面だけでなく、ねじり編み部分も崩したら完成!正面から見える耳まわりの毛束も細かく引き出しておきましょう。 

きれいに仕上がる!ワンランクアップのひとワザ

まとめ髪が完成したら、前髪も巻いてみましょう! ルーズなこなれアレンジがさらにワンランクアップしますよ。一度に全て巻いてしまうのではなく、前髪を3束に分け、それぞれ弧を描くように手首を回転させてカールをつけます。
黒目の幅より狭めに分けるのがコツ

黒目の幅より狭めに分けるのがコツ

 

サイド&バック

結婚式もOK!切りっぱなしボブのセルフヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)

結婚式もOK!切りっぱなしボブのセルフヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)

結婚式もOK!切りっぱなしボブのセルフヘアアレンジ

hair&make KAORI(anti)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。