違うサイトのウェブメールに送るときは、要注意!

ヤフーメール(Yahoo)、ホットメール(Hotmail)、Gメール(Gmail)など、ウェブメールは本当に便利です。無料で、インターネットが繋がりさえすればどこでも見られるので、インターネットユーザーなら、どなたでも一つは持っているでしょう。先ほども書いたように、ウェブメールは、新規メール作成画面を立ち上げるとすでにHTML形式になっているものがほとんどなので、すぐ韓国語を打ち込めて送信することができるのですが、相手のメールを見る環境によっては、文字化けする可能性が高いです。

特に注意したいのが、違うサイトのウェブメールに送る場合(例えば、ホットメールからヤフーメールに送る、など)。この場合、HTML形式で送っても文字化けしたり、表示されなかったりすることが多いようです。

一方、同じサイトのメールアドレス同士だと(例えば、ホットメールからホットメールに送る、など)、きちんと表示されることが多いようです。

日本語、韓国語の混在メールは、要注意!

 メールソフト
メールソフトを使う。韓国サイトのアカウントを取るなど、自分に合った方法を見つけよう!
韓国語は読めるのに、日本語が読めない。日本語は読めるのに、韓国語が読めない……。

日本語と韓国語の混在メールを書くと、送るときの文字コードの設定や、相手のメールを見る環境によって、どちらかの言語が見られない、表示されない、なんてことが起こります。できれば日本語のみ、または、韓国語のみのメールを送るのが無難でしょうね。