ヴァセリン・ワセリンは肌ケア以外にどんな使い方がある?違いは何?

ヴァセリンとワセリンの違いは?ワセリンの魅力と万能な使い方

ワセリンは何故人気?

乾燥する季節のお助けアイテムとして外せないのが『ワセリン』。筆者も顔や体のカサツキがひどい時、最後に頼るアイテムとして常備しています。
でも、まだ使い方がよくわからなくて、使ったことがないという人もいるのでは?

そこで今回は、ワセリンの効果と基本的な使い方や、実はこんな活用法もあったのという応用ワザをご紹介します。

〈目次〉  

ワセリンが肌ケアにおすすめの理由とは……お肌を守る効果の実態

ワセリンで乾燥肌対策を

ワセリンで乾燥肌対策を

ワセリンは、原料である石油を高純度に精製して作られた皮膚の保護剤のことで、顔をはじめ全身に使用できます。

肌表面にバリアのようにとどまるので、ホコリや化学物質などの刺激物をシャットアウトして肌を守る働きがあります。また、肌内の水分を外に逃がさないので肌の乾燥対策や保湿に最適です。
 

ヴァセリン、ワセリン、白色ワセリン、プロペトの違い

q

ヴァセリン、ワセリン、白色ワセリンは何が違うの?

ヴァセリン、ワセリン、白色ワセリンは何が違うのでしょうか? ちなみに、よく見かける「ヴァセリン(Vaseline)」というのはユニリーバ社の商品名で、いわゆるワセリンのこと。
  • ワセリン:原料名
  • 白色ワセリン:純度の高いワセリン。第3類医薬品。医薬品の棚で販売
  • ヴァセリン(Vaseline:ユニリーバ社の商品名。ワセリン。化粧品の棚で販売
  • プロぺト:白色ワセリンをさらに精製したもの。処方薬
ワセリンとは石油を精製して作られたものですが、生成する際の純度の高さによって色が変わります。純度の低いものは黄色っぽい色をしており、純度の高いものは白色ワセリンと呼ばれます。顔などにつけるのであれば、純度の高いものがオススメです。
 

ワセリンの成分は医療現場でも使われる安全性が高い石油

b

ワセリンは肌荒れがひどい時のお助けアイテム

ワセリンの原料が鉱物油である石油だと聞くと、肌や特に顔に塗るのを不安に思う人もいるようです。しかし、安全性が高く保存性にも優れていることで、医療現場や薬の基剤として使われることも多い物なのです。

植物油のように脂肪酸を含まないため、水に強く酸化するスピードも遅いという利点もあり、衛生的に使用した場合、製品の使用期限まで数年間使用できる点もコストパフォーマンスに優れ魅力的です。
 

ワセリンの基本的な使い方・効能とは?

ワセリンは保湿力に優れているので、肌荒れがひどい時に使うのが基本的な使い方。顔をはじめ、全身のカサつきを感じる場所に使えます。

唇にも使えるため、皮がむけてしまった時などに便利!保護力が高く、リップクリームにも配合されている成分なので、乾燥から唇を守ってくれます。
 

ワセリンは顔に塗っても大丈夫?注意点や副作用は?

ワセリンは水分補給してから使用して

ワセリンを顔に塗る場合は、水分補給してから使用して

乾燥のお助けアイテムとして有効なワセリンですが、顔に塗る場合は注意が必要です。

ワセリンは肌表面のバリアとなってうるおいを閉じ込める働きをするので、化粧水や美容液で水分補給をしてからワセリンを塗るようにすると、保湿効果がアップします!

使用量は顔だけに塗るのであれば、米粒半分ぐらいの量で十分。両方の手の平で温めて良く伸ばしてから、必要な部分に押し付けながらつけます。

使用量が多すぎると、空気中のホコリを吸着してしまい、それが刺激となって肌トラブルを引き起こしてしまう副作用や恐れもあります。ベタつきが気になる時は、ティッシュオフしておくと良いでしょう。
 

ワセリンの肌ケア以外にも!知らないと損するワセリンの様々な使い方

ワセリンの保湿力を生かした使い方はたくさんあります。こんな活用法もあったの!というワセリンの使い方応用編をご紹介します。

メイク下地にワセリンを使う
こちらは肌トラブルがあってもメイクをしなくてはいけないときにオススメの使い方です。市販のメイク下地には、界面活性剤や保存料などが入っているため、肌トラブルを悪化させる恐れがありますが、ワセリンには不純物が入っていないためメイク下地として活用可能です。

ベタつきが気になる時は、軽くティッシュオフしてからパウダーをはたくとベタつきを抑えることができる上に、透明感のある肌に仕上がります。

革製品のお手入れにワセリンを使う
v

ワセリンは革製品のお手入れにも使えるんです!

ワセリンは革製品のお手入れにも最適です。乾いた布に少量のワセリンを付けて拭いておくだけで、お手入れ完了! 少量をすりこんでなじませるとツヤツヤになり、ホコリを防いで光沢感もアップします。水をはじく働きもあるので防水にも効果的。

靴ズレ防止にワセリンを使う
靴関連でもう1つ。ちょっときつめの靴や、ヒールの高い靴、また新しい靴を履くと靴ズレが起こってしまうことがあります。そんな時は、靴ズレが起こりそうな場所にあらかじめワセリンを薄く塗っておくことで、靴擦れの防止になります。ワセリンが摩擦を軽減して、肌が傷つくのを防いでくれるのです。ただし、塗りすぎは要注意。

ワセリンを使ってリップパック!
f

ワセリンをたっぷり塗ってリップパックにも

リップクリームとして活用できるワセリンですが、乾燥がひどい時は、リップパックもオススメです。まず唇を覆うようにワセリンをたっぷりと塗り込みます。唇からはみ出すぐらいオーバー気味に塗ったらその上に、ラップをかぶせて10分程度置きましょう。すると潤いたっぷりのプルプル唇に生まれ変わります。

また、ワセリンと砂糖を1:1の割合で混ぜると、リップスクラブになります。砂糖の粒がなくなるまで優しくマッサージしたら、コットンかティッシュで拭きとってお手入れ完了です。

口紅の色落ち防止にワセリンを!
口紅を塗ったあとに、微量のワセリンを薄く上からコーティングすることで、口紅の色落ちを防いで、口紅を長持ちさせてくれます。パーティーや食事会など、メイク直しができない時に知っておくと便利なワザです。

ワセリンを使って枝毛予防ができる!
j

ワセリンを毛先に塗り込むと、枝毛予防になります!

髪の毛のケアにも効果のあるワセリン。枝毛が気になる時は、シャンプーの後に毛先部分にほんの少しのワセリンを塗りこむと、摩擦による刺激が減り、毛先の枝毛が予防できます。ただしこちらも塗りすぎにはご注意を。ごく少量のワセリンを手の平にのばしてから使うようにしましょう。

眉毛のお手入れの際にもワセリンが活躍
k

ワセリンは眉毛のお手入れにも使える

ピンセットで眉毛を整える前に、抜きたい部分に少量のワセリンを塗っておくと肌がやわらかくなって抜きやすくなり、傷みも軽減できますよ。

■ネイルケアやメイクの修正にも使えるワセリン
そのほか、二枚爪防止などのネイルケアやメイクの修正にも使えます。ワセリンをなじませた綿棒を、アイメイクのはみ出した部分につければスルンと落とすことができます。
 

ワセリンは一家に1つ常備しておくと便利!

t

ワセリンは常備しておくとなにかと便利

乾燥の厳しい冬などは特に常備しておきたいワセリン。肌のバリアの役目のほかにも様々な効果があり、用途に合わせた使い方ができるのもとっても便利。自宅やバッグにひとつあれば、様々な場面できっと役立ってくれるはずです。使いきれない!という時は、上記の応用編を参考にしてみて下さい。ぜひ、お試しあれ。
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。