【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

一生デキない!? 増加する中年童貞を救う恋愛テクとは

さぁ!彼女を作って童貞を捨てよう!

さぁ!彼女を作って童貞を捨てよう!


全国の20~69歳の男女(既婚者・独身者問わず)5000人に対して、恋愛や婚活、結婚に対する意識や行動を調査した2015年の調査結果によると、アンケート調査の結果、20代独身男性のうち交際経験がない人が約4割いることが分かりました。
全体的に、独身女性より独身男性の方が恋人がいる人の割合が低く、交際経験がない人の割合が高い。特に、20代男性の交際経験がない人の割合が高い(41.9%)。
「恋人がいる」「恋人がいない(交際経験有)」「恋人がいない(交際経験無)」の順で告白した平均人数が多く、恋人の有無は告白した人数の多さと関係している。

出典:恋愛・婚活・結婚調査2015(リクルートブライダル総研調べ)

……ということは、必然的に妙齢の童貞くんは少なくないってことになります。別の調査では、30代男女、4人に1人が“童貞&処女”とも言われています。まさに結婚適齢期と言える「アラサー」の童貞くんが25%もいるというわけ。

婚活アドバイザーである私も、婚活の現場で「恋愛経験やセックスの経験がない男性が増えている」というのはまさに実感しています。

いいか悪いかは別として、男性の間には「成人しても童貞なのはコンプレックスだ」という意識があって、30代の童貞は「化石」とか「魔法使い」などと揶揄される時代もありました。でも、今のこのご時世を考えると、もはやまったく気にする必要がなくなってきているのかもしれませんね。

……でも! でも、本当にそれでいいの!? 

「アラサー童貞くん」たちはにはどうしたら彼女を作って、恋愛して、童貞から脱出して、結婚まで至るのかまったく見当がつかず、ただ指をくわえてあきらめているだけなんじゃないかしら? 



1. 女を女と思うな! 男友達と思って話しかけて

普段仲良くしている男友達と同じように接しましょう

普段仲良くしている男友達と同じように接しましょう


そもそもアラサーまで大事に童貞を守ってきた男子からすれば、目の前にタイプの女性が現れても、アプローチすることが至難の業ですね。

女性慣れしていない男性からすれば、「女がいる!」と思っただけで、過剰に意識してしまって、どうすればよいのか、自分がどうすればいいのかわからなくなっちゃうんですよね。良かれと思ってしたエスコートが裏目に出て、「キモッ!」と思われたら最後、2度と連絡がつかなくなったなどのイタ~い失敗談やトラウマがよみがえって、古傷が傷んでしまう人もいるかもしれません。

でも、しょうがないよね! だって、「女」の特性をしらないんだもん。考えたってわからないんだから、わからない場合は思い切って考えなければいいんじゃないかしら?

つまり、女性を「女」と思わないこと。女性を女性として意識して接するから、言葉に詰まるし、何を話したらよいかわからなくなってしまうんです。

まずは、女性を「仲良しの男友達」と思って、接してみてください。

いつもつるんで遊んでいる「仲良しの男友達」に、あなたは普段どう接しているか、振り返ってみてください。気心知れてる友達なら、緊張などすることもない。言いたいことも言える。沈黙だって怖くない。たとえ相手の考えていることがわからない時も、勝手に妄想して病んだり、ひねくれたりせず、気軽に「なんで?」「それって何?」「どうしたの?」と聞けますよね?

ただし、カジュアルでフランクな態度はそのままに語尾だけ優しくチェンジしてみてください。友達なら「~だろ?」と言うところを、「~だよね?」などの優しい語尾に変えてあげるだけでかなり印象が変わります。

つまり、「へりくだったり」「下に見る」のではなく、同じ目線のまま、「労わり」「思いやる」ことが大事なの。

「500人にフラれた!」という石田純一さんになった気持ちでフランクに声をかけてみて。


2.聞き役に徹して、コミュニケーションを深める

コミュニケーションが少しずつ取れてくるようになると、相手も少しずつ心を開いてくれます。少しずつで良いので、コミュニケーションを深めていきましょう。

コミュニケーションの深め方のポイントは、
・自分ではなく、相手にたくさんしゃべらせること
・相手の意見を否定しないこと
この2つだけです。

面白い話なんてしなくてもいいし、盛り上げなくてもいいし、ハッキリ言って、彼女の話なんて聞いていなくてもいいの。彼女のかわいい顔を見て、「うんうん、それは大変だったね」「わかるよ、その気持ち。一緒だね」など、相手の話を聞いて同調してあげてください。

女性は多くの場合、話を聞いてもらうだけで満足することがほとんど。解決なんてしなくてもいい。ただ、自分の話を聞いてほしいだけなんですよ。ふんわり聞いてあげるだけでいいのです。

そんなとき、「……で、結局どうしたいの?」「俺だったらこうやって解決するね!」などとドヤ顔で言うのはご法度。もう彼女からの返信は二度と来ないかもね。

「せっかく女性を褒めたのに、いきなり『ムッ』とされた」「アドバイスしてやったのに聞いてない」……あぁ、女ってめんどくせーなんて嘆く前に、女性脳の特徴とあしらい、褒め方の基礎を学ぶことね。



3. デート中は、お父さんになったつもりでとにかく優しく

デートにこぎつけるにはコミュニケーションが大事です

デートにこぎつけるにはコミュニケーションが大事です


さぁ、女性と友達同士のように話せるようになったら、「君も○○が好きなの? 今度いっしょに行こうよ」「映画のチケットが余っているから行こうよ」など、ちょっと無理やりでもいいので、怖がらずに一緒に出かける用事を作ってください。初心者がデートする関係性を継続させたいなら、男性がよく知る街で、映画からのショッピングがオススメです。

デートの行き先や誘い方のテクニックはまた別の記事でお伝えしますが、まずこれだけは気を付けてください!

女性と行動するときは、とにかく優しく接してあげてください。想像してみて下さい。最近は高身長の女性も多いですが、肩幅や手足の太さなど、並んでみると男性と女性って、全然体の作りが違うんですね。

そんなとき、となりにいる男性が自分よりもはるかに大きな体で威張り始めたり、強引な態度を取り始めたら……思わず身の危険を感じます。彼女相手でなくても、飲食店の店員さんなどにも紳士な対応を忘れないでください。

なぜなら、女の子は誰でも小さいころから、父親に「蝶よ花よ」とかわいがられて育っています。女性の理想の男性像の原点は、「強くて優しくて自分を守ってくれるお父さん」であることが多いんです。

恋愛対象になりたければ、彼女のお父さんになったつもりで、わがままを聞き、身をていして彼女を守るつもりで接してみてくださいね。歩くときに歩幅を合わせてあげたり、寒いか暑いか、疲れていないかなどを気にかけてあげること。ゆっくりでいいし、それだけ意識すれば十分なのよ!



4.セックスは特別なものじゃない!

セックスは歯磨きと一緒です!

セックスは歯磨きと一緒です!


デートを重ねて、ふたりっきりでいることに違和感がなくなると、お付き合いが始まります。これも、デートから告白までのプロセスは別途お伝えしますが、まずは意識改革から始めていきましょう。

二人の付き合いが深まれば、セックスをします。まず、セックスは、特別なことではないということを意識してください。

30年も大事にとっておいたからって、特別なことだと思ってしまうと、自分の中でハードルが上がります。ハードルが上がると自分の気持ちを伝えるときに、億劫になってしまって、童貞サヨナラチャンスを逃すことになります。

結果、「キスしていい?」「セックスしていい?」なんて聞いて気持ち悪がられたり、ドン引きされたりするんですね。「えっ、そんなことまで聞くなんて頼りない、“していいよ”なんて答えるのが恥ずかしい」と思うと同時に、冷めはじめるのが女性というものなんです。いちいちそんなことは聞かずに、本能のまま、自然な流れで動いてください!

ここで考えることはね、セックスは「歯磨きと一緒」ということ。夜寝る前や朝起きたら、寝ぼけていても自動的に歯を磨くでしょ? それと、全く同じ!

相手を知って、好きなったら、セックスする――自然な流れなの。

女性は自分の身を守るために公の場でのセクシーな話題を嫌がったり、避けることがありますが、ちゃんとコミュニケーションを深めてお付き合いをしている仲ならば、大丈夫。「えっ!? 何、こいつ、セックスしようとするなんてけがらわしい!」なんて思いません。でも、自分からは言えないんですね。童貞くんでもいいから、あなたが当たり前のようにキスやセックスに誘導してあげてね。

さて、初めてセックスするときの注意事項は3つです。

優しく・丁寧に・気取らずに――なぜなら、アラサー童貞くんは、お気に入りの「HなDVD」を参考にして失敗しがち。でも、アレはあくまで映像表現上の話です。女性はとてもデリケートな生き物です。そこをしっかりと頭に入れて、ゆっくり優しく『お姫様のように』接してあげて。

無いテクニックに走らなくていいから、彼女が経験者ならば、教えてもらえばいいの。頑張って楽しみながら快楽への扉を開けてくださいね!


世の中の童貞諸君。恋をしましょう、セックスもしましょう!

「童貞を捨てたい!」って思ってる男子に最後に言いたいのはこれ。女性は、ぜんぜん怖くなんかないのよ。職場で見かける、お局上司みたいな、お堅い仕事人間だって、ひと皮むけば、か弱い女性です。

昼間は、男性と同化して男勝りでがんばっていても、強くて優しい自分だけの王子様を待っているの。本当は、男性に愛されるのを待っているんです。今まで出会いがないと思っていた童貞男子も、ちょっと見方を変えてみて。勇気を出して声をかけてみましょうね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。