スープジャーは、おうちご飯でも使われていた!

サーモスが行ったWEB調査によると、スープジャーを持ち運び用以外に使用している人が44%いることが判明。うち、「保温調理などの調理器具」として使う人が39%、「食事の時間が異なる家族への作り置き用」が33%、そして「余った食材の保温保冷」が25%と、実はおうちご飯で積極的に活用している人がたくさんいたのです。
スープジャーundefinedWEB調査

スープジャーの意外な活用法


なるほど! ということで「テーブルスープジャー」の登場となった、とのこと。ステンレス魔法瓶と同じ保温力、保冷力があるのは従来のスープジャーと同じ。違うのは4人分の味噌汁やスープを作れる容量と、開け閉めのしやすい蓋構造。材料を入れてお湯を注ぎ、そのままテーブルに出しておくだけで、味噌汁やスープができるのは、目からウロコの発想ですね。


「注ぐだけレシピ」「+レンジ」「+鍋」とバリエ豊富

テーブルスープジャー

サーモスが発売したテーブルスープジャー

実はこのテーブルスープジャー、ガイドももせがレシピ開発のお手伝いをしています。スープジャーレシピのブームの火付け役と自負するガイド、お腹がたぷたぷになるまで大量のレシピを試作! 

具材+お湯を入れるだけで、保温調理で完成するレシピのほか、具材の一部をレンジ加熱するレシピ、鍋で一煮立ちさせて入れて保温調理させる時短レシピなど、工夫次第でいろいろ使い方が広がる楽しさで、単なる「保温容器」を超えたおもしろい商品だなあと思います。


ガイドイチオシは、ちゃちゃっと10分本格出汁

本格出汁

お湯を注ぐだけで本格的な出汁が簡単に取れる

本格的に作ろうとすると、時間も手間もかかる昆布と鰹節の出汁。テーブルスープジャーならお湯と一緒に入れて放置するだけ。煮立てず、保温効果でゆっくり抽出するので、えぐみの少ないよい出汁が取れます。

食事の支度の一番最初にテーブルスープジャーで出汁取りさえしておけば、味噌汁も煮物も本格出汁で簡単。忙しくても本物の味が作れるうれしさは、使ってみて実感できるはず。
→レシピはこちら


だし+味噌+具材+お湯「一度に入れるだけ本格味噌汁」

味噌汁バー

本格味噌汁ベースと乾物セットで、味噌汁バーはいかが

テーブルスープジャーで作る味噌汁は、味噌は溶き入れずに保温調理で自然にゆるんで溶けるのを待つだけ。煮立てないので味噌の香りが飛ぶこともなく、最後に軽く鍋の底から混ぜれば簡単に溶けてしまいます。

だしパックに入れた鰹節や、市販のだしパックも一緒に入れてしまえば、出汁取りと具材の加熱も同時に終了。これまでの味噌汁作りの手間って何だっただろう? って思うカンタンさでちょっと感動します。
→レシピはこちら

保温調理で具材に火を通す場合は、入れすぎないのがコツ
→シャキシャキもやしと油揚げの味噌汁


野菜が鮮やか、煮くずれず栄養も逃げない保温調理の醍醐味

ブロッコリーとトマトの食べる野菜スープ

ブロッコリーとトマトの食べる野菜スープ

ほか、具沢山のスープなども作れます。保温調理で仕上げると具材が煮崩れせず、加熱による栄養素の破壊も少なくて済み、色も鮮やかなまま残ります。

また、あらかじめ準備してテーブルに出しておけば、ほかの調理をしている間に保温調理が進んで時短にも貢献。キッチンも広々使えるだけでなく、食事時間がずれてもあたため直しいらずで、いつでも熱々で提供できるのもうれしいかも。
→レシピはこちら

その他のレシピはこちらでご覧ください


保温、保冷容器として底力を発揮

保温調理

煮崩れがなく、野菜のシャキシャキ感が残る保温調理は、新しいおいしさ

ベテラン主婦のみなさんの中には、味噌汁やスープはちゃちゃっと鍋で作ったほうが簡単と思う人もいるかもしれません。でもテーブルスープジャーでの保温調理を試してみると、出汁や味噌の香りが引き立つことや、野菜のシャキシャキ感や色合いが生きるなど、いつもとは違ったおいしさの発見がありそう。

さらに、冒頭でも触れたように、スープジャーが実際には「食事の時間が異なる家族への作り置き用」「余った食材の保温保冷」に多く使われているという現実を考えると、帰りが遅い家族への取り置きや、お留守番ご飯用にも大活躍するのでは。
  • 一人だけ帰宅時間が遅い夫の味噌汁
  • 熟帰りの子供のためのお留守番カレー
など、あたため直しをせずに温かいおかずを提供するための保温ツールとしての活用度も、かなり高いように思います。

あとは
  • アイスペール
  • ワインクーラー
のほか、冷たい食事や飲み物などの保冷用としてもかなり使える模様。

使い手のアイデアでいろいろな用途を試してみるのも、おもしろいのかも!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。