マニアは、同じタイトルのCDを複数所有することも

イメージ

同じCDでも音質は違う?

ふだん皆さんが音楽を聞くCD。日本レコード協会の統計によると、最盛期は1998年で年間4.7億枚を生産。その後、音楽配信などの影響も受けて生産量は減少傾向が続くものの、2015年も約1.7億枚を生産しています。

また、各家庭には平均100枚程度のCDがあるという調査結果もあり、音楽配信への移行が進みつつも、今後もしばらくは、CDに触れる機会は多いことでしょう。

 

そんなCDは、レコードやカセットテープに比べると、デジタル方式で音質が良く、また品質ムラや劣化が少ないなど、「安定」したイメージを持つ方が多いことでしょう。

しかし、厳密には同じタイトルのCDでも、それぞれ僅かながら音質が異なり、オーディオマニアやコアな音楽ファンは、同じタイトルのCDを複数所有しているケースが少なくありません。

都市伝説か! ウソのような本当の話か!?

今回は、そんな不思議な「音の違い」の理由をご紹介しつつ、最新の高音質CD事情にも触れたいと思います。

興味を持った方なら、オーディオマニアの素質があるかもしれません!


同じタイトルのCDでも音が違う理由

イメージ

デジタルは「0」と「1」の世界・・・

まずはCDの基本原理をおさらいしておきましょう。デジタル方式のオーディオは、原理上、最終的に「0」と「1」の2値で表現されるデータを受け渡しできれば「正確」と言え、音質も同等、あるいは劣化なし、とみなすことができます。連続する波形を扱うアナログオーディオに比べ、均質で劣化が少なくできる理由です。

市販されている音楽CDは、目には見えませんが、音楽データが渦巻き状に記録されていて、平らな土台とも言えるランド部と、ピットと呼ばれる凸部があります。CDプレーヤーがディスクに照射したレーザー光のうち、ランドに当たっている間は反射、ピットに当たっている間は乱反射する仕組み、つまり、反射光の有無で「0」と「1」を判別しています(正確には変調と呼ばれる変換が施され、ランドとピットの境目を「1」、それ以外の部分を「0」と判定します)。

CDを再生した際、音が途切れなく再生できていれば、このレーザー光の反射と読み取りは、概ね問題無く行われていると言えます。

CDの構造(イメージ)

CDの構造(イメージ)

さて、ここからがマニアの領域。デジタル方式では音楽が途切れなく再生できていれば、音質は同等と考えられがちですが、CDの場合はレーザー光がデータを読み出す際、アナログ的な劣化要素を含んでいます

具体的には、ピットが連なるトラックの間隔は僅か1.6μmと、ヒトの髪の毛の幅に4~5列も収まってしまうほど微細なもので、ほんの僅かな位置のズレや、ピット形状の崩れが、ジッターと呼ばれる時間的な揺らぎ(歪み)の元になり、音質に悪影響を及ぼすと考えられています。

CDの内部では、補正機能が働いているので、音途切れが生じるケースは希ですし、一般には大きな音質差として認められませんが、マニアは余韻の透明度、音の消え際、開放感などに違いを見い出し、こだわるのです。

では、同じタイトルのCDでも、音質が異なる理由とは? それは、製造過程において、軽微ながら精度にバラツキが生じるためです。

音楽CDはスタンパーと呼ばれる金型を使用し、プレス方式で生産します。つまり、元となる金型の精度で、ピットの位置や形に差異が生じます。例えば、金型はプレスする毎に摩耗するので、新品のスタンパーに対し、数万枚プレスした後のスタンパーでプレスしたCDは、ピットの形が不鮮明になりがちです(以下、イラスト参照)。
スタンパー消耗時のイメージ

スタンパー消耗時のイメージ

また、人気タイトルの場合、生産量が多いので、金型であるスタンパーも複数存在し、スタンパーの製造工場や設備、機器のコンディションによって、スタンパー自体の精度も異なります。

ほかにも、ガラスマスターと呼ばれる原盤やスタンパーの製造技術(精度)、プレス時の精度(生産量を優先すると、ピットの転写が不鮮明になる)など、様々な変動要素があります。

この「精度」問題は、CDを中心とするオーディオの趣味性を奥深くしているとも言えるかもしれません。


高音質CDが存在する!?

精度と音の関係に疑問を持たれる方も多いと思いますが、オーディオマニアの間では常識。事実、CDの規格に沿いつつ「高精度で高音質」に着目した「高音質CD」も登場し、話題になっています。

実例をご紹介しましょう。

1. UHQCD (メモリーテック株式会社)
CDで一般的に用いられるポリカーボネートではなく、流動性の高いフォトポリマー素材を使用し、スタンパーのピットを高精度に転写。UHQCDで入手できるタイトルは、J-POPSの名盤、ジャズ、クラシックなど。詳しくはコチラでご確認を。 

作品例:

 

2. プラチナSHM (ユニバーサル ミュージック ジャパン)
反射膜に一般的なCDに用いられるアルミ材ではなく、純プラチナ(Pt1000)を使用。ほか、レーザー光の不要な反射(迷光)を吸収する効果のあるターコイズ色のコーディング、マスターやカッティングに拘って制作。

作品例:

 

3. Blue-spec CD2 (株式会社ソニーミュージックエンターテイメント)
CDよりも高密度で高い精度が要求されるブルーレイの製造技術を用い、原盤となるマスターの高精度化、製造工程における転写回数を減らすことで、高精度な仕上がりを実現。タイトルはコチラで確認を。

作品例:

 

さいごに

特殊なものではガラス製CDもあり、当サイトでも「究極?! 噂のガラス製CD(98,700円)」という記事で紹介しました。ガラス製CDを手に入れるのはかなり特殊ですし、今回ご紹介した高音質CDもタイトルが限られ、オーディオマニア向けと言えますが、一般的なCDなら1,000円~3,000円前後。お気に入りのアーティストの作品なら、何枚か購入して、聞き比べるのも面白いでしょう。

音質の違いは、海外盤と国内盤、リリース当時の古い盤と最近プレスした新しい盤など、いろいろなパターンがあります。今ならネットオークションで古いCDも手に入り易いですので、是非お試しを!

【出典】
JASジャーナル 通巻393号(2009年1月発行)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。