【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚に踏み切れないアラサー女性の理由とは?

昔のカレの方が良い男だったなんて、過去の栄光に浸っている場合ではありません!

女性が結婚に踏み切れない理由


「昔付き合っていた男性はもっと気が利いて、女性の扱いが上手だったんです。それに比べて、今の彼は誠実なんですけど、一緒にいてもドキドキしないし……とにかく、何か物足りないんです!」

……なーんて発言をするのは、10~20代前半の時にそこそこモテた経験のある女性にありがちなパターン。これらを理由にして、結婚に踏み切れないアラサー女子って多いんです。

でも、ガイドに言わせていただくと、当時そのイイ男と結婚できなかったから今こうしてあなたは独身なのよね!? 何年前の出来事か知りませんが、そんなことをいつまでも引きずっていても仕方がないでしょ? 過去の栄光にとりつかれていないで、まずは現実を見ましょうね!

20代前半のあなたとアラサーになった今のあなた、比較すると、婚活市場における「女の価値」は下がっています。当然、出逢える男性も違うということ。20代前半までは男性にチヤホヤされて男性を選べる立場だったかもしれませんが、アラサーとなればそうはいきません。厳しいようですが、これは現実なんです。
 

結婚相手の男性に必要なものは、ドキドキよりももっと大事なもの

「あのころ」の恋愛と違う! でも、それでいいんです。

恋愛と結婚は違う!


「じゃあ、適当な男で妥協しろっていうこと!?」
「もう自分が愛するような男性には出会えないの?」

と、逆切れしたり、ガッカリするのはまだ早いんです。そもそも論として、結婚する相手を探すのに、燃え上がるようなドキドキ感って必要ですか?もちろん、結婚するには恋愛が必須ですし、恋愛にはドキドキやトキメキは必須です。でも、今あなたが探しているのは「結婚相手」なんですから、結婚相手には、恋愛相手とは違う必要不可欠な要素があります。それに気付かなきゃ!これから何十年と一緒に生活をしていくことを見据えれば、おのずと新しい基準が見えてくるんじゃないかしら?

例えば、「一緒にいて安心する」「信頼できる」「優しさと思いやりがある」「自分のことを理解してくれる」「お金の使い方が堅実」「家族のことを大切にしてくれる」……そんな要素の方がずーっと大事ではないでしょうか?

つまり、胸が締め付けられるようなドキドキやハラハラよりも、「この人とだったら、この先何かあっても乗り越えていけそうだ」という感覚です。一言で言うならば、「一番の親友」と結婚するのがベストです。それも一時的な親友ではなくて、一生この先、ずーっと一緒に生活を共にできる大親友です。いえ、死んでからも一緒ですね。だって、いつかは同じお墓に入るのですから!
 

アラサー女性の結婚の決め手は「一緒にいると安心できて信頼できた」

結婚は生活です! 一緒にいて安心する、信頼できる相手を選びましょう

結婚は生活です! 一緒にいて安心する、信頼できる相手を選びましょう


ガイドが経営する結婚相談所で成婚した、34歳女性と38歳男性のカップルのエピソードを紹介します。女性のほうに成婚に至るまでの気持ちについて聞いてみると、

「正直、成婚が決まった時は“好き!”という感情はそこまで大きくはなかったんですよ」

と話し始めました。

「でも、成婚が決まって、婚約から結婚指輪選び、新居探し、式場選び、結納、そして新生活の準備を進めていく中で、関係が深まったとき、気づけば彼のことが愛おしくてたまらなくなっていたんです。入籍後1年が経った今も、彼のことをどんどん好きになっていくんですよね。今でも週末は手をつないで買い物に行って、同じ家に帰る。あぁ、これが本当の幸せなんだなって……」

そんな彼女に、結婚の決め手は何だったのか尋ねたらこう言いました。

「出会って間もないのに、彼と一緒にいると安心できるし、信頼できたから。思い切って決めました!」

……やっぱりこれ、これなんですね~!
 
あなたに、本当のパートナーと結婚する幸せを!

あなたに、本当のパートナーと結婚する幸せを!


あなたのなかにきちんとした判断基準があれば、「この人のこと、ちゃんと好きになれるかしら」なんて不安にならなくても大丈夫!彼の深い愛情に包まれて、あなたの心が穏やかになったとき、彼が自分にとっての一番の理解者、親友だったんだ、と悟るんです。そして、この先もこの人と一生一緒に生きていこう! これが幸せな結婚というものだったんだ! きっと、そう思えますよ。

少し愛して、永く愛して――それが「結婚」というものなんです。

関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。