北海道の極上ソフトクリームが札幌でも!

サケやカニなどの海産物が美味しい、ラーメンも美味しい、ジンギスカンもスープカレーもあれもこれも美味しいグルメ王国・北海道。でも暑い夏の北海道観光で絶対ハズせないのがソフトクリームです。

新鮮な牛乳をつかった牧場のソフトクリームや、安心安全にこだわった激ウマソフト、夕張メロン、ハスカップなど北海道ならではの素材を使ったご当地ソフト、そして塩味や酒粕入りといった変わり種まで、札幌に来たら絶対食べたい5選。甘・辛両刀使いのガイドが探した極上のソフトクリームを紹介します。
undefinedundefinedundefined

夏の北海道ではハズせないソフトクリーム


安心安全と美味へのこだわり! 「いのちのソフト」

札幌市西区にある「まほろば」と言えば、知る人ぞ知る、ナチュラル&オーガニックにこだわった自然食品のお店。店内には自社直営農園で有機栽培したジャガイモ・ニンジンといった農産物の他、オーガニックのパンや珈琲豆、お米に調味料、お酒、化粧品から浄水器に至るまで、「健康と安心・安全」を掲げた商品が所狭しと並んでいます。
undefinedundefinedundefined

「健康と安心・安全」を掲げた商品が並ぶまほろば

その中で当店人気のソフトクリームがまほろばオリジナル「いのちのソフト」。コーンの上に大きく盛られたソフトクリームを一口食べてみると、絞りたての牛乳をそのままソフトに仕上げた爽やかで濃厚な味に魅了されてしまいます。
undefinedundefined

健康志向と美味しさを兼ね備えた「いのちのソフト」

それもそのはず、原料は酪農王国・十勝で自然放牧されたブラウンスイス牛から搾乳した成分無調整(ノンホモジナイズ)の牛乳。乳化剤、安定剤の添加物は一切使わず、天然ゼラチンや粉寒天といった自然素材だけでクリーミーな食感をだし、オーガニック・バニラにホエイ・ジャム、モンゴル塩でコクと風味を出したという「店主苦心の作」。健康志向、自然指向というお店のコンセプトと北海道ならではの美味しさが見事に融合されたイチオシの逸品です。

まほろばの「いのちのソフト」DATA

価格  430円(税込み)
販売住所  まほろば 
札幌市西区西野5条3丁目1-1 (011-665-6624)
ソフトクリームの販売期間 
5月5日~10月中旬  11:00~17:00
なお、火曜12:00~水曜はソフト販売がお休み (店舗は無休)
公式サイト http://www.mahoroba-jp.net/


新鮮な牛乳とブルーベリーの共演! 「ブルーベリーと町村ヨーグルトのパフェ」

札幌市営地下鉄・円山駅のおしゃれなショッピングセンター、マルヤマクラス1階にある「町村農場・円山店」。ここは農場直送の牛乳やバター、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、そして新鮮で濃厚な牛乳から作られたソフトクリームが人気のお店です。

こちらでは、コーンに盛られたスタンダードなソフトクリームだけでなく、ソフトに十勝小豆やチョコレートをトッピングしたパフェ類、店頭に並んだお好みのドーナッツにソフトクリームをトッピングしてくれる「ドーナッツソフト」など、様々な農場のスイーツが楽しめます。
undefinedundefined

お好みのドーナッツにソフトをトッピング!

そんな中でお店一番の人気が、「ブルーベリーと町村ヨーグルトのパフェ」。ジャンボなカップにソフトクリーム、ヨーグルト、コーンフレーク、ブルーベリーソース、そして生クリームまでが盛りつけされ、ゴージャスでボリューム感もたっぷり。甘いソフトと爽やかな酸味の効いたヨーグルト、甘酸っぱいブルーベリーが口の中で溶け合い、絶妙のハーモニーを奏でてくれます。
undefinedundefined

町村農場のゴージャスなパフェ

このエリアは円山裏参道とよばれるおしゃれな界隈で、周辺には円山動物園や円山公園、そして札幌のパワースポット・北海道神宮(*注)など見所が点在しています。周辺の散策や北海道神宮参拝の合間にちょっと立ち寄り、憩いの一時を過ごすにはうってつけのスイーツと言えましょう。

(*注)

パワースポット・北海道神宮に関しては、「風水師が選んだ北海道のパワースポット10選」 もあわせてご覧ください。

「ブルーベリーと町村ヨーグルトのパフェ」のDATA
価格 518円 (税込み)
販売の場所 町村農場 札幌・円山店
札幌市中央区南1条西27丁目1-1マルヤマクラス1F (011-688-6255)
営業時間 10:00 ~ 20:00
公式サイト http://machimura.mimoza.jp/shop/maruyama.html


夕張メロンにハスカップに「あの」ソフトも! 羊ケ丘展望台でご当地ソフトを堪能

札幌を訪れたら見逃すことができない観光スポット「さっぽろ羊ヶ丘展望台」。ここがオープンしたのは1959年ですが、それから半世紀以上たった今でも休日や夏休み期間は駐車場がバスやマイカーで溢れるという人気の場所。「少年よ、大志を抱け」と彼方に向かって右手を差し伸べるクラーク博士の像は札幌のシンボルにもなっています。
undefinedundefined

札幌のシンボルにもなっているクラーク博士像

エリア内にはこのクラーク像の他、チャペルや雪まつり資料館、無料の足湯などが点在していますが、何より魅力なのが広大な丘陵に羊が群れるという「北海道をそのまま絵にしたような風景」とその眼下に広がる雄大な札幌の街並み、そしてその絶景を眺めながら食べるソフトクリーム。

オーストリア館と呼ばれる建物の中にある売店の一角には、様々なご当地ソフトクリームが味わえる「羊ヶ丘ソフト」のコーナーがあります。北海道ならではの新鮮な牛乳を使ったミルクソフトやハスカップの甘酸っぱい酸味とミルキーな味のコンビネーションが絶妙なハスカップソフトクリームもあれば、フルーティーな夕張メロンのペーストを使った夕張メロンソフトクリームも気になります。
undefinedundefined

気になる夕張メロンソフト

そんなご当地ソフトに加え、ここでは北海道のお土産で超・有名な「あの」お菓子メーカーオリジナルのソフトクリームが販売されているではありませんか!

あのメーカー、白い恋人のソフトクリームが。
undefinedundefined

ホワイトチョコが練り込まれた白い恋人ソフト

クリームの中には白い恋人に使われているホワイトチョコが練りこまれているとのことで、その濃厚な味わいはピカイチ。ソフトクリームというより「冷たいホワイトチョコ」とでも言うべきスイーツです。ただ羊ヶ丘にはソフトが色々あり過ぎ、あれもこれもと食べ過ぎてお腹の調子を崩さないよう注意が必要ですよ。

「羊ヶ丘ソフト」のDATA
価格 
ミルク、ハスカップ、夕張メロン、ミックス 各320円(税込み)
白い恋人ソフトクリーム (ホワイト、ブラック、ミックス) 各350円(税込み)
その他、入場料として大人520円、小・中学生300円が必要
販売の場所 さっぽろ羊ヶ丘展望台 オーストリア館売店
札幌市豊平区羊ヶ丘1 (011-851-1021)
営業時間
5月~6月、9月 8:30~18:00
7月~8月     8:30~19:00
10月、4月     9:00~17:00
公式サイト http://www.hitsujigaoka.jp

――――> 次はちょっと変わり種のソフトを召し上がれ!