老後のお金について不安になるのはどうして?

生命保険文化センターが行った、「平成28年度 生活保障に関する調査」(全国18歳から69歳までの男女に3年に1回の個人調査)によれば、老後の生活に不安を抱く人が8割以上います。実際、現役で働いている人は給料が上がっても、税金や社会保険料なども上がっていて手取りが増えなくて貯金がしづらくなっていることが不安につながっているのでしょうか?

同調査によると、ゆとりある老後では月34.9万円が必要とのこと、月約35万円を25年で計算すると確かに1億円を超えます。5000万円貯金をもっていても不安という人は、こういう具体的な計算から不安になっているのでしょう。
 

高齢夫婦(夫65歳以上妻60歳以上)の無職世帯、具体的にはいくらで生活している?

総務省が行った、平成30年度家計調査報告(家計収支編)によると、高齢夫婦無職世帯の収入と消費の平均は以下の通りです。
 
高齢夫婦の家計は?

高齢夫婦(夫65歳以上妻60歳以上)の無職世帯、具体的にはいくらで生活している?



これを見ると、2018(平成30)年で手取り(可処分所得19万3743円)より消費支出合計(23万5615円)の方が4万1872円も多く、毎月赤字になりこれが25年続くと貯金が約1256万円必要という計算になります。不安になりそうな調査結果ですが、その内訳には節約できる項目はないでしょうか?
 

老後不安に対抗する、6つのコツとは?

家計収支を見て、以下のような点に気を付けることで、老後のお金の不安はやわらぐのではないでしょうか。

1.収入≧支出を意識して生活する
高齢者世帯の消費内訳をみたとき、「自分ならこんなにかからない」と思った項目はありましたか? ちなみにガイドは自分の老後ではもっと節約できると考えています。理由は、子どもが生まれる前、夫婦2人だったときを思い返すと、食費がそこまでかからなかったからです。今の家に住み続けたいか、食事では週に何回くらい外食にいくか、旅行は年に何回いくか、友人とのランチや飲み会は月に何回くらいか、大事な趣味には月にいくらかかりそうか。どうしても譲れない出費は何なのか、節約しても抵抗のない出費は何か、ノートに記録してもいいでしょう。

2.元気なら働こう!共働きは家事分担
元気なら老後も働くことが収入アップには一番の方法です。無理のない仕事探しが必要かも。年配なほど、「家事は妻の仕事」と考えがちですが、老後の共働きもお互い思いやりをもちましょう。若い共働き夫婦と同じく、家事もなるべく分担しましょう。

3.年金、社会保険の給付金をしっかりもらう
もらっている年金(受給前は年金見込み額)が少ないと感じたときは、年金の加入期間が漏れていないか、ねんきん定期便で確認を。 老齢年金と失業給付も額を比べ、しっかり多い方を受け取りましょう。働き続ける人に高年齢雇用継続給付金、老後も再就職する人に高年齢再就職給付金など雇用保険の給付金もしっかり受け取りましょう。

これらの雇用保険の給付金を受けるには、雇用保険に5年以上加入していて、60歳時点の給料が60歳前の給料の75%未満に減っていることなど条件を満たしている必要があります。

4.貯金はやはり天引き・積み立てで
定番ですが「余ったお金を貯金」より、やはり財形などの給与天引き、または決めた日に積み立てが確実に貯金をする方法です。無理ない額で、例え1000円からでも積み立てを実行しましょう。財形は勤務先が金融機関と契約を結んでいることが必要なので、職場に確認してみましょう。

5.保障・補償が適正な生命保険・損害保険を続ける、見直す
保障・補償不足、過剰に保障・補償、どちらも良くないのが生命保険・損害保険です。子供がすでに成人しているのに3000万円の死亡保障があったり、若くて寝込む可能性も少ないのに日額1万円の医療・介護保障、地震保険、損害賠償保険に未加入など……。一度保険を見直してみましょう。年を取ると新たに保険を契約しづらくなりますので、今までの保険を全部解約してしまうのも考え物です。必要な保障・補償だけを残し、保険料も小さくして続けるのがベターでしょう。

6.資産運用は割合も気持ち的にも無理なく現実的に
退職金などを受け取り、気が大きくなってしまう方もいるようですが、資産運用は現実的に考えましょう。目減りする可能性もあるからです。退職金は基本的に「老後の虎の子」です。投資経験にもよりますが、全額を投資に回すなど極端なことは絶対避けましょう。退職金や給料は夫婦の共有財産ですので、配偶者とも相談し使い道を検討しましょうね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。