家族揃って食事をすることにはメリットが盛りだくさん

家族で食事

 家族で食卓を囲むこと……実は大きなメリットが沢山あるのです!

現代の家庭では、仕事や子供の習い事のスケージュールが立て込んでいるなどの理由で、家族揃って食事をすることが難しい場合もあります。けれど、家族全員で食卓を囲むことにどんなメリットがあるのでしょうか?まずは具体的に整理してみましょう。

学業へのメリット

家族揃って食事をすることと学業成績は、密接に関わっていると報告されています。米国の小学生を対象にした調査では、宿題をきちんとしているか、または習い事にどれほど通っているかといったことよりも、家族での食事の有無の方が、学業成績を予測するために有効と報告されています。

より年齢が上の思春期の生徒についてのコロンビア大学による調査でも、週に5回から7回家族で食事をしている生徒は、週に2回家族で食事をする生徒よりも、2倍成績がいいと分かっています。
また幼児は、本の読み聞かせよりも、夕食時の会話でのほうが、より多くの語彙を学ぶといった研究報告もあります。


身体へのメリット

9歳から14歳までの1万6千人近くの子供を対象にした調査では、家族揃って食べる方が、食材の種類も増え、よりバランスのとれた栄養成分を摂取することになると報告されています。また子供時代に慣れ親しんだヘルシーな食事習慣は、成人してからも続くといいます。子供が苦手とする食べ物も、食卓を囲み話しに花が咲く中、周りの家族が美味しそうに食べていたら、より口に運びやすくなりますね。

心へのメリット

多感でメンタル面で難しさを抱えることのある思春期にも、家族で食事をとることにより、たばこ、アルコール、ドラッグ、暴力、摂食障害、性的な活動など「問題行動」を起こす率が低くなると報告されています。米国ミネソタ州の5,000人以上のティーンネイジャーを対象とした調査では、鬱や自殺願望を低める効果があるとも分かっています。また「インターネット上でのいじめ」にあった子供達が、定期的に家族で食事をすることにより、立ち直ることができたという報告もあります。頻繁に家族で食事をする家庭に育った青年の方が、よりポジティブなムードを保ち、将来に対してよりポジティブな見方をするといった調査結果もあるようです。

家計へのメリット

家族それぞれが好きなものを個別に食べるよりも、一度にまとまった量を作った方が、食材費も少なくすみ経済的です。また一人一人が時間をずらして食事をするために、料理を何度も暖め直したり、お皿を洗ったりとする必要もなく、光熱費も安くすむでしょう。


こう見てくると、家族で揃って食事をすることには、学業面、健康面、メンタル面そして経済的にもメリットが盛りだくさん。とはいえ、現代の生活では、親も夜遅くまで仕事をする必要があったり、子供たちも習い事のスケジュールが立て込んでいたりと、毎日家族揃って食事というのも、なかなか難しい場合があるものです。内閣府の調査によると、子供だけで食事をする「孤食」が増えているとも報告されています。では、できるだけ家族で食事をするために、どんな工夫ができるでしょうか?

次ページでは、家族で食卓を囲む為の工夫についてお伝えします。 >>