子育て ガイド 長岡 真意子

ながおか まいこ

人類学をもとに今すぐ使えるヒントを提供する、子育て研究人

世界中を旅しつつ人類学を学ぶ。地球の北の果てで二男三女を育てつつ、様々な子育て支援コミュニティー活動に携わる。実生活で使える子育てヒントの提供と共に、子育てというものを様々な側面から描き出すことをライフワークとする。

得意分野

国内外の豊富なリサーチ資料に基づく子育てヒントの提供
多様な子育てのあり方
マイノリティーの子育て
マインドバランス教育

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数33

ガイドからの挨拶

通信技術や交通手段の発達により、これからは地球のどこにいたとしても、ますます様々な価値観が入り組み、目まぐるしく変化し続けるでしょう。そんなこれからを生きる子供達に必要なのは、どんな枠組みでも持てる力を発揮し、進み続けることのできる「根本的な力」です。

では「根本的な力」って何でしょう? どうやって育んでいけるのでしょうか?

人の個性も取り巻く環境も様々ですから、そうした「力」を培う方法だって様々なはずです。「これが正しい」と言う時、必ず当てはまらない子が出てくるもの。そうした個性や環境の「多様さ」を見つめつつ、一歩一歩、着地点を築いていけたらと思っています。

と、大人があれこれ考えている間にも、子供は待ったなしで成長を続けています。二男三女と揉みくちゃな日常を送る私自身、「観念的なことはひとまずおいて、とにかく今スグ使える子育てのヒントを!」と切実に欲する1人。

考えることを続けつつ、「実生活で今すぐ使える」をキーワードに。子育てというもの探究の旅、お付き合いいただき感謝です。

ガイドの新着記事

  • ギフテッドとは?感受性が強く優れた潜在能力を持つ子

    ギフテッドとは?感受性が強く優れた潜在能力を持つ子

    「ギフテッド」とは何なのでしょうか?喜びも悲しみも強く感じる「感受性の高さ」は、「ギフテッドの特徴」のひとつとしてとらえられています。この記事では、ギフテッドとはどういう子供を指すのか、またギフテッドの「感受性の高さ」がどんな表れ方をするのか、そしてその問題点や対応法についてみてみましょう。

    掲載日:2017年06月22日子育て
  • 「ひといちばい敏感な子」の親が知るべき5つの事

    「ひといちばい敏感な子」の親が知るべき5つの事

    人見知りや場所見知りが激しく、親として、「将来この子は社会でやっていけるのだろうか?」と心配してしまうこともある「ひといちばい敏感な子」。それでも、こうした自分の殻に閉じこもりがちな子も、接し方に少し気を配ることで、社会の荒波の中でたくましく活躍する大人へと成長することが分かっています。この記事では、「人よりも内気で敏感な子」に接する上で、最も注意したいポイントを紹介します。

    掲載日:2017年05月17日子育て