子育て ガイド 長岡 真意子

ながおか まいこ

子どもの主体性が育ち、親が楽になる知恵を提供する、子育ち研究家

大学講師から幼児教室主宰まで、幅広い年齢と文化背景を持つ乳幼児から青年までの育ちを20年間指導。国内外1,000以上の文献に基づく子育てコラムの執筆多数。プライベートでは、成人してからの努力で専門職についた重度学習障害を持つ夫と、ギフテッド認定を受けた個性はじける2男3女を育てる。

得意分野

20年間の指導体験と国内外の研究資料に基づき「子育ちの知恵」実践サポート
多様な子育てのあり方
マイノリティーの子育て
マインドフル子育て

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数53
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

通信技術や交通手段の発達により、これからは地球のどこにいたとしても、ますます様々な価値観が入り組み、目まぐるしく変化し続けるでしょう。そんなこれからを生きる子供達に必要なのは、どんな枠組みでも持てる力を発揮し、進み続けることのできる「根本的な力」です。

では「根本的な力」って何でしょう? どうやって育んでいけるのでしょうか?

人の個性も取り巻く環境も様々ですから、そうした「力」を培う方法だって様々なはずです。「これが正しい」と言う時、必ず当てはまらない子が出てくるもの。そうした個性や環境の「多様さ」を見つめつつ、一歩一歩、着地点を築いていけたらと思っています。

と、大人があれこれ考えている間にも、子供は待ったなしで成長を続けています。二男三女と揉みくちゃな日常を送る私自身、「観念的なことはひとまずおいて、とにかく今スグ使える子育てのヒントを!」と切実に欲する1人。

考えることを続けつつ、「実生活で今すぐ使える」をキーワードに、子育ての知恵を探究&発信します。

ガイドの新着記事

  • 「男の子だから」「女の子だから」…ジェンダーのステレオタイプ弊害と自分らしさ

    「男の子だから」「女の子だから」…ジェンダーのステレオタイプ弊害と自分らしさ

    子どもは生まれ持った「生物学的性差(セックス)」だけでなく、後天的に育まれる「文化的社会的性差(ジェンダー)」の両方から影響を受け成長します。「女の子らしさ、男の子らしさ」といった性差のステレオタイプが子どもの成長に与える弊害、自分らしく生きるために親が必要なサポートについて解説します。

    掲載日:2020年12月01日子育て
  • 育児ストレスが激減!マインドフルネスのやり方とは?

    育児ストレスが激減!マインドフルネスのやり方とは?

    普段やり過ごせる子供の失敗や悪さにも、しまった! という対応をしてしまうことはありませんか。人はストレスが溜まると衝動的に反応しやすくなるもの。今回は「ストレス低減法」として世界中の医療機関や教育機関で用いられる「マインドフルネス」を紹介します。

    掲載日:2020年11月24日子育て

ガイドの新着イチオシ