50代男性、通称アラフィフ男性と30代女性のカップルが増加中!?

50代男性、通称アラフィフ男性が若くて美しい女性からモテる理由

今、50代男性が、若くて美しい女性たちからモテるのはなぜか、理由があったんです!

美人で仕事ができる女性に限って、50歳前後の男性に惹かれやすい――ここ数年、離婚問題の相談(岡野あつこの離婚相談救急隊)を受けているなかで、私が実感していることの1つです。とくに「50代の男性×30代の女性」という組み合わせのカップルが増えている印象を受けます。

たとえば、アナウンサーの大江麻理子さんとマネックスグループの松本大社長、タレントの眞鍋かをりさんとミュージシャンの吉井和哉さん、タレントの山口もえさんとお笑い芸人の田中裕二さん、といった有名人のご夫婦も「50代前後の男性×美人で仕事ができる30代の女性」の組み合わせです。

美人で仕事が順調、好感度も高い素敵な大人の女性たちであれば、同世代の男性たちからだってモテるはず。にもかかわらず、なぜアラウンドフィフティ、通称アラフィフの年上男性を恋愛や結婚の対象にする女性たちが増えているのでしょうか。


<目次>  

50代の男性に大人女子が惹かれる「3つの理由」

大人女子が50代男性に惹かれる「3つの理由」とは?

大人女子が50代男性に惹かれる「3つの理由」とは?

若い女性たちが50歳前後の男性に魅了される理由は3つ、考えられます。

■理由その1:50代の男性には「包容力」がある
人生経験を積んだ50歳前後の男性には、包容力が備わっていることが多いもの。仕事上のミスや人間関係の失敗の数々を乗り越えてきたからこそ、「大丈夫、なんとかなる」という落ち着きや安定感が自然と身についています。若い女性にとっては、すぐに“いっぱいいっぱい”になりがちな同世代の男性に比べ、アラフィフ男性の包容力は「頼りになる大人の男性」として感じられるのです。

ちょっとした悩みを相談したときも、若い男性の多くは「それはこうしたほうがいいよ」とアドバイスをしたがるもの。ですが、経験値の高い大人の男性であれば、「多くの女性は、アドバイスをされるより、共感されたいもの」と知っているがために、「それは大変だったね。大丈夫? 頑張りすぎないようにね」などと、ふんわりと包み込むような居心地のよさを表現することができるのです。

■理由その2:50代の男性には「経済力」がある
浮気心が芽生えている50歳前後の男性の多くは、金銭的に余裕があるものです。女性とのデートのために使えるお金を持っていることは大事なこと。若い女性を喜ばせるためには、経済力は必要な要素でもあります。

経済的に余裕のある50歳前後の男性は、若い世代の男性と比べて、いわゆる“いい店”や“顔のきく店”もそれなりに知っています。だからこそ、若い女性は同世代の男性よりも、ワンランク上のデートができ、「私の知らない世界を見せてくれる人」「豪華なデートができる人」と50歳前後の男性に魅了されるのです。

■理由その3:50代の男性には「トーク力」がある
豊富な経験を散りばめたお話の面白さも、50歳前後の男性の魅力でしょう。トーク力の大切さは、お笑い芸人がモテることからもわかるように、男性の武器の1つになります。仕事のこと、人生のこと、女性のほめ方、グルメのこと……どれをとっても、若い男性よりも一家言持っているのが50歳前後の男性の強み。だからこそ、知的好奇心や向上心のある若い女性には、グッとくるものなのです。

現在、アラフィフ世代の人たちは、バブルを知っている人たちでもあります。今では考えられないようなバブル当時のスケール感のある話や、夢見がちな話も、若い女性にとっては「なんだかすごい人なんだな」と思わせる要素になると言います。
 

50歳前後の男性に潜む「危険な落とし穴」とは?

既婚の50代男性と若い女性がお付き合いをした場合「不倫」となります

既婚の50代男性と若い女性がお付き合いをした場合「不倫」となります

若いとはいえ、酸いも甘いもかみわけたはずの大人の女性たちが50歳前後の男性に惹かれるのには、こんな理由があったのでした。美人であったり、仕事ができたりする女性ほど、「若い男性よりも、熟練した大人の男性のほうが私に見合うだろう」と思い、お付き合いを望むケースが少なくないこともおわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、世の中の50歳前後の男性は、独身だけではありません。既婚のアラフィフ男性の場合、若い女性とお付き合いをすれば、それは不倫になってしまうのです。

そのほかにも、50歳前後の男性には、落とし穴があります。そこで、次に50歳前後の男性とお付き合いする際に心得ておきたいリスクについてお話ししたいと思います。
 

アラフィフ男性と付き合う際の「3つのリスク」

魅力的に見える50代の男性にも、実は危険なリスクがあることをお忘れなく!

魅力的に見える50代の男性にも、実は危険なリスクがあることをお忘れなく!

一見、魅力的に見える50歳前後の男性にも、いざお付き合いをするとなると、事前に心得ておきたいことがあります。50歳前後の男性と付き合う際に問題になってくるリスクについてです。

代表的なのは、次の3つでしょう。

■リスクその1:別れる際の「修羅場」
いくら魅力的な要素がたくさんあるとはいっても、若い女性から見れば50代の男性は「オジサン」です。若い女性に比べて、オジサンのほうが、これから先に経験する恋愛が少ないのはたしか。だからこそ、付き合うことができたお相手の若い女性に執着することもあります。

たとえば、女性のほうが「そろそろ別れたいな」と思っても、なかなか別れることに同意してもらえない、ということもあります。別れる際、修羅場を経験した人も少なくありません。

■リスクその2:「金銭的な負担」の覚悟

お付き合いする50代前後の男性が独身であれば問題はありません。ですが、もしも既婚者の場合、それは不倫の関係ということになります。不倫が発覚した場合、その責任は男性だけでなく、女性の側にも発生することを忘れてはいけません。

お相手の男性の妻に、慰謝料という形で100万円以上のお金を支払わなければならなくなるケースもあります。不倫はするべきではないことですが、もしも覚悟のうえでするのであれば金銭的な負担を負わなければならないことも、肝に銘じておきましょう。

■リスクその3:交際に費やす「時間」
30代、40代の女性が50歳前後の男性と恋愛をする場合、年齢的な問題も出てきます。というのも、もしも女性が結婚を望み、男性は結婚を望まない場合、「私たち、これからどうするの?」と2人の将来の関係で意見が食い違うときが訪れることが多いからです。

「気づけば、私ももうこんな年齢になってしまっていた……」と慌てることがないよう、大人の女性ならではの冷静な判断をしたうえで、恋愛に踏み切るのがおすすめです。
 

夫が若い女性と不倫に走らないために、妻がすべきことは?

50代の夫を不倫に走らせないポイントは「癒し」と「自信」

50代の夫を不倫に走らせないポイントは「癒し」と「自信」

独身の若い女性が既婚者の50代男性と不倫関係になり、その後、男性の妻とトラブルになって相談に訪れるケースはたくさんあります。自分の夫が若い女性と不倫に走らないようにするためには、妻は2つのポイントに気をつけて夫婦生活を送る必要があるでしょう。

夫を不倫に走らせないポイントとは、「癒し」と「自信」です。「癒し」と「自信」が満たされていれば、夫は不倫に走りにくくなるはずです。

社会や家庭で居心地のよくない思いをしていれば、「癒し」を求めるようになるのは当然のこと。自分のよさを理解し、男性としてもいつでも尊敬してくれるような「自信」も欲しいものなのです。いちばん身近にいるはずの妻がその2つを与えてくれなければ、夫は若い女性のもとに引き寄せられていってしまうでしょう。

それを防ぐためにも、「癒し」と「自信」を夫に提供できるような家庭環境を作っていくこと。それがいつまでも夫婦が円満でいるための秘訣になるのです。大事な夫を、若い女性にとられないためにも、まずは「癒し」と「自信」を提供できるよう心がけましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。