夫婦喧嘩の後も続くモヤモヤ、後味の悪い喧嘩をしてしまったら?

夫婦喧嘩の後も続くモヤモヤ

喧嘩の後は部屋をピカピカに磨き上げると気持ちもスッキリ!

離婚カウンセラーの岡野あつこです! 夫婦喧嘩の後は言いたいことはすべて言ってお互いケロリ! というのならよいですが、冷戦状態が続いたり、わだかまりが残ったり、腹の虫がおさまらなかったりイライラしたり……。嫌な気分を引きずっていては、夫婦にとって何もいいことはありません。少しでも早くそこから抜け出すには、どのように気持ちの整理をしたらよいのでしょうか? 次の方法を試してみてはいかがでしょう?

■夫婦喧嘩の後気持ちの整理をする方法

以下の質問に答えて理由も考えてみると、少しでも心が軽くなるかも知れません。

Q1 喧嘩の原因は、結婚生活に支障を来すほどの問題ですか?

Q2 喧嘩の原因は完全にどちらかに非があるものですか?

Q3 喧嘩になるということは今後も夫婦として未来を生きる覚悟があるからだと思えませんか?

Q4 誰がパートナーでも、この程度の喧嘩は起きるものと考えられませんか?

Q5 この喧嘩はどちらか、もしくは夫婦共に意地っぱりであることが1番の原因ではないですか?

Q6 夫婦として一心同体でいたいから喧嘩になるのではないですか?

Q7 喧嘩の後、冷静になれさえすればパートナーに対し夫婦愛や家族愛を感じることはできますか?時間があれば、白い紙に質問の答えとそれにまつわる今の自分の気持ちを書いてみると、よりよいでしょう。更にパートナーの気持ちをも想像してみると「理解しよう」という考えにいたることもあります。
 

夫婦喧嘩のモヤモヤ解消方法! 愛情があるからこそ喧嘩をしてしまう

喧嘩の原因は仕事のストレスもあったのかな……有休をとったら気分も変わった

喧嘩の原因は仕事のストレスもあったのかな……有休をとったら気分も変わった

まだ感情的に収まりがつかず、イライラ・モヤモヤが続いているという方は、更に以下のアドバイスを参考にされてはいかがでしょう?

■夫婦喧嘩の後気持ちの整理をする方法~アドバイス篇

Q1 喧嘩の原因は、結婚生活に支障を来すほどの問題ですか?
A  意見が食い違ったままだと、このまま夫婦として生活を続けるにあたり、非常に困難が生じてくるのなら放置するわけにはいきません。第三者をまじえるなりして徹底的に話し合って妥協点を探りながら解決すべきです。そこまでではないなら気持ちを落ち着けてから、喧嘩ではなくもう一度話し合いを。

Q2 喧嘩の原因は完全にどちらかに非があるものですか?
A  どちらが悪いというわけでもない問題なら、パートナーに対し目くじらたててもよいことはありません。違いをお互いに認め合うムードをつくっていってはいかが?

Q3 喧嘩になるということは今後も夫婦として未来を生きる覚悟があるからだと思えませんか?
A  喧嘩になるということは「仮面夫婦でも何でもいい」というあきらめた状態ではない証拠。夫婦としてやっていきたいという前向きさがあるからこそ喧嘩にもなってしまうというものです。喧嘩になるからダメなのではなく、喧嘩になるからこそ夫婦として明るい未来があるのです。

Q4 誰がパートナーでも、この程度の喧嘩は起きるものと考えられませんか?
A  夫婦が日々暮らす中で、何事も起きないなどということはまずないのです。どんなにいい夫婦に見えても、365日不満もなく幸せいっぱいなどということはありません。「別の人と一緒になっていたら……」というのは、別の人との結婚生活が現実にないからこそ、「よかったのではないか?」と思えるのです。

Q5 この喧嘩はどちらか、もしくは夫婦共に意地っぱりであることが1番の原因ではないですか?
A  夫婦が共に譲らない、素直になれない、謝るのが苦手なタイプだと、もう終わりにしてもいいと思っているのに、いつまでも意地を張り続けてしまうことがあります。口で言えなかったらメモを渡してもメールでもいい。「喧嘩はおしまいにしよう!今日の夕食何食べたい?」「今週末一泊でドライブでも行こうか?」などとパッと切り換えていきましょう。

Q6 夫婦として一心同体でいたいから喧嘩になるのではないですか?
A  愛情があるからこそ心は1つでいたいわけです。特に結婚してまだ年数を経ていなければ、何でも一緒がいいし、意見も一致していたいもの。でも何から何まで一緒というわけにはいかないということを、日々の生活の中で少しずつ学んでいくわけです。喧嘩によって葛藤することで、夫婦も人間として成長していくというわけです。

Q7 喧嘩の後、冷静になれさえすればパートナーに対し夫婦愛や家族愛を感じることはできますか?
A  喧嘩になっても、冷静になったとき、自分にとってパートナーはかけがえのない存在には変わりないと思えるなら、感情的になった自分に反省の心を持ちましょう。ぶつかり合ったときのお互いの心の傷が深くならないうちに、早く仲直りをする努力を。夫婦は一生をかけてお互いを知り、また変化を受け入れて、困難や葛藤を乗り越えていくものなのです。夫婦の関係、家庭は、人生の修業の場。夫婦喧嘩の後なかなか気持ちの整理がつかないときには、ぜひこの方法を試してみてください。一刻も早く夫婦に笑顔が戻りますように!

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。