自分たち夫婦は離婚をした方がいい? 自分の本当の気持ちをチェック

離婚した方が良いか、考えすぎて気持ちが分からなくなった場合は離婚診断チェックを

考えすぎて自分の気持ちがわからなくなったときは、チェックシートを使って客観的に現状を見てみることも必要です

「もう離婚したほうがいいのかも……」。どんなに仲のいい夫婦でも、長く結婚生活を続けている間には、そんなふうに思うことはあるものです。ですが、原因はなんであれ、もともと楽しい離婚などないのも事実。「今の状況が辛いから」とか「パートナーに嫌気がさしたから」などという理由だけで離婚を決めるのは性急です。そこから逃げるためだけの離婚は、のちのち後悔するパターンに陥りがちだからです。

そこで今回は、具体的に離婚をするべきかを考える前に、自分では気づいていない深層心理や本当の自分の気持ちを確認するための診断をしましょう。ポイントになる考え方や対策についてのアドバイスもチェック!
   

離婚するべき?修復するべき? 深層心理&現状を診断!

離婚した方が良い夫婦なのか?自分の本当の気持ちをチェック

離婚か修復か、まずは自分の本当の気持ちを確かめてから考えましょう

次の質問項目にあてはまるものを素直な気持ちでチェックしてみてください。その際、チェックした数は気にしないこと。ポイントとなる部分については次のページをどうぞ。

  • 親身になって相談にのってくれる友人や知人がいる
  • 頼りになる離婚経験者がいる
  • 両親や兄弟姉妹は離婚に賛成している
  • 子どもが味方になってくれる
  • 現在、生活費を稼ぐだけの仕事に就いている
  • 今は仕事に就いていないが、資産と預金がしっかりある
  • 今は仕事に就いていないが、離婚後の就職先は確定している
  • 慰謝料と財産分与があり、当座の生活費は確保した
  • 夫から離婚後も定期的な生活費をもらえる保証がある
  • 離婚後に住む場所がある
  • 健康に自信がある
  • 離婚後、ひとりになっても精神的に自信がある
  • 離婚を隠さず、周りからの中傷にもめげない覚悟ができている
  • 離婚後も子どもといい関係を続ける自信がある
  • 将来、どんな暮らしをしたいのか明確なビジョンがある
  • 幸せな再婚をしたいと願う気持ちがある
  • 絶対に離婚を後悔しないという強い意志がある
 

離婚するべきかを考える「環境」は整っている?

本音を打ち明けて相談できる相手がいることは、大きな心の支えになります

本音を打ち明けて相談できる相手がいることは、大きな心の支えになります

  • 親身になって相談にのってくれる友人や知人がいる
  • 頼りになる離婚経験者がいる
  • 両親や兄弟姉妹は離婚に賛成している
  • 子どもが味方になってくれる

こちらの項目にチェックをつけた場合、問題になるのは今の環境です。離婚を考えるにあたって、「相談できる相手がいること」はとても重要だからです。できれば第三者に相談するのが理想的。感情的にならず、今のあなたの気持ちや状況を冷静に判断してくれる人たちの意見を聞いてみましょう。
 

旦那と離婚後の「お金」の心配は大丈夫?

経済面については、しっかりと検討しておきましょう

経済面については、しっかりと検討しておきましょう

  • 現在、生活費を稼ぐだけの仕事に就いている
  • 今は仕事に就いていないが、資産と預金がしっかりある
  • 今は仕事に就いていないが、離婚後の就職先は確定している
  • 慰謝料と財産分与があり、当座の生活費は確保した
  • 夫から離婚後も定期的な生活費をもらえる保証がある
  • 離婚後に住む場所がある

離婚をしたら、その日から自分の生活を自分で支えていかなればなりません。まずは、今自分が持っている預貯金や稼げる金額、公的な支援などを綿密に計算する必要があります。そのうえで、パートナーからもらえる養育費や慰謝料について考えるようにしましょう。

最初から養育費や慰謝料を期待していると、もらえると思っていたものがもらえないという思わぬ落とし穴にはまってしまったときに困るのは自分です。相手次第で変わるものはあてにせず、自分を中心に確実な部分で経済面についてしっかりと検討しておきましょう。
 

離婚後の「メンタル面」に自信はある?

離婚という決断に納得しておくことが、離婚後に起こるいろいろな問題を乗り越えていく上でポイントとなります

離婚という決断に納得しておくことが、離婚後に起こるいろいろな問題を乗り越えていく上でポイントとなります

  • 健康に自信がある
  • 離婚後、ひとりになっても精神的に自信がある
  • 離婚を隠さず、周りからの中傷にもめげない覚悟ができている
  • 離婚後も子どもといい関係を続ける自信がある

「今の状況がイヤだから離婚をして生活を変えたい」そんなふうに、現実のすり替えや逃避の手段として離婚を考える人は案外多いものです。ところが思い込みだけで離婚を決意してしまうのはとても危険なこと。実際に周りの人に迷惑をかけたり、自責の念や罪悪感もあったりして、メンタル面にダメージを受けることも少なくありません。

メンタル面でのダメージを少なくするためにも、「なぜ、離婚を決意したのか?」「幸せになるためには、どうすればいいのか?」をあらかじめしっかりと考えることは大切です。自分の気持ちを決めて、納得しておくことが、メンタル面を含む離婚後に起こる多くの問題を乗り越えていく大きなポイントになるからです。
 

離婚すべきか否か…その離婚で本当に自分が幸せになれる?

離婚を考えるときには「自分にとっての幸せは何か?」を考えることが大切です

離婚を考えるときには「自分にとっての幸せは何か?」を考えることが大切です

  • 将来、どんな暮らしをしたいのか明確なビジョンがある
  • 幸せな再婚をしたいと願う気持ちがある
  • 絶対に離婚を後悔しないという強い意志がある

離婚を考えるときに重要なのは、「離婚をするか、しないか」という離婚そのものを目的にしないということです。それよりも「自分にとっての幸せは何か?」を考えるほうが大切。それには、離婚という結論にたどり着く前に、しっかりと時間をかけて将来について悩むことが必要になります。「将来、こうなりたいから」と考えて悩む時間やその深さが、離婚後に自分を支える原動力になるからです。

この診断表には離婚後に問題になってくる事柄もたくさん含まれています。なので、もしもチェックした項目の数が少ないようであれば、離婚した後の生活で厳しい状況になる可能性もあるといえます。後悔しないためにも、離婚を決める前には必ず、離婚後の生活設計をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。