優しい甘さのパンと地元国立の野菜のパン

高山真由美さん、顕さん

高山真由美さん、顕さん

販売を担当しているマダムの真由美さんはまさに、この店の灯りのような笑顔の持ち主です。売場と厨房の間の窓には『ぐりとぐら』の絵本。『ぐりとぐら』といえばみんなで分け合って食べる、大きな「きいろいかすてら」が有名ですが、「そう!そういう雰囲気を提供したいと思っているんです」と真由美さん。
ブリオッシュ・シュクレ

ブリオッシュ・シュクレ

「ブリオッシュ シュクレ」(230円)はその「きいろいかすてら」的なパンです。たまご色のブリオッシュで、「ホットケーキのようなふわふわの食感」とプライスカードに書かれているとおり。ケーキカットされたひとつひとつが薄紙に包まれているのは、「冷えないように、乾燥しないように、包んでいます」という心遣いでした。
ブリオッシュ・シュクレ(ピース)

ブリオッシュ・シュクレ(ピース)

そういえば、キッシュもコロネもさりげないラッピングに、ていねいな仕事を感じます。大事に並べられているパンはいっそうおいしくなるものです。
クリームパンとメロンパン

クリームパンとメロンパン

アカリ・ベーカリーの人気ナンバーワンはクリームパン(160円)です。ふんわりとやわらかな生地には練乳入りのカスタードクリーム。甜菜糖と練乳の2種類の甘味がによって、奥行きのある味わいが生まれています。
レーズンといちじく

レーズンといちじく

ほかに、ちょっとめずらしいところでは、食パン「アカリブレッド」の生地にレーズンとイチジクをいれて生クリームをかけて焼いた「レーズンといちじく」(240円)。日替わりタルティーヌはリンゴのスライスや、イチジクとクランベリーとアーモンドクリームといったスイーツ系。そんなふうに、甘く優しい味わいのパンがこの店にはいくつもあります。
どのパンにもていねいな仕事を感じる

どのパンにもていねいな仕事を感じる

塩味の調理パンは「カレーパン」や「ウィンナーロール」のような定番のほか、
「アンチョビキャベツ」(210円)のような練り込み系のパンもあります。それは玉村豊男さんのワイナリーでパンを焼いていた頃、食材の合わせ方をおぼえたことがヒントになっているのだそうです。

アカリ・ベーカリーの向かいには、地元国立の野菜を売る店「しゅんかしゅんか」があり、高山さんはそこにボウルを抱えて野菜を買いに行き、日によって、玉ねぎやキャベツを練りこんだパンをつくっています。
アンチョビ・キャベツ

アンチョビ・キャベツ

帰りに向かいの店に寄って、シンプルな日々のパンに合わせるものを自分で調達するのも、おすすめです。

アカリ・ベーカリー

アカリ・ベーカリー

■アカリ・ベーカリー
住所:国立市中1-7-64
電話:042-505-4263
営業時間:10:00~14:00
15:00~19:00
定休日:日曜・月曜
Yahoo!地図情報
国立駅徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。