これぞ穴場!草津温泉で無料解放の共同湯めぐり

マンホール

マンホールまでも草津らしさが出ています。

草津温泉には、現在20カ所の地元住民のための共同浴場がありますが、そのうち3つの共同湯が、一般観光客にも無料で解放されています。

草津温泉と一口に言っても、温度も湯の花の量も、湯の色も様々なので、この機会にいくつか回って、好みの草津温泉を見つけてみてはいかがでしょうか?

ただし、地元の方も利用する大切な温泉ですので、他人の家の湯に浸からせていただくという「もらい湯の精神」で、浴槽にタオルを入れないことや、湯に入る前には、十分な掛け湯をしてから湯を堪能して下さい。
 

千代の湯

千代の湯

浴槽は4人ほどでいっぱいになるくらいのサイズです


湯畑から歩いて2分ほどのところにある、千代の湯。旅館の間にひっそりと佇んでいるので、気がつかないと通りすぎてしまいそうになります。

pH2.08の酸性泉。湯に浸かるとピリピリするので、デリケートな肌質の方は、少し注意が必要です。ぬるぬるとした浴感で、自己責任で湯の味を確かめてみると、少しレモンのような味がしました。

<DATA>
千代の湯
  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津367-4
  • 解放時間:5時~23時
  • 料金:無料
 

地蔵の湯

ワンルームタイプの浴槽

浴室と脱衣所が一緒になっています


湯畑の東側にあって、地蔵源泉の湯に浸かることができる地蔵の湯は、地元住民ではなく、草津町が管理している温泉です。そのため、22時になると鍵がかけられてしまいます。

日によりますが、うっすら青みがかった地蔵の湯は、湯畑源泉の湯より、柔らかい湯の印象です。

湯温も42度ほどなので、熱すぎるわけではなく、適温と感じながら浸かることができました。

<DATA>
地蔵の湯
  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津地蔵
  • 解放時間:8時~22時
  • 料金:無料
 

白旗の湯

白旗の湯

女性側の白旗の湯 人気があります


湯畑の前にあって、比較的目立つところにある白旗(しろはた)の湯は、共同湯の中でも一番人気がある温泉です。

女性の浴槽は長方形の浴槽に大小2つに分けられています。日によって、色が白濁していたり、透明よりだったりとその日によって違いますが、湯温は46℃ほどと、草津らしい熱さで、ピリピリする湯となっています。

熱い湯のため長湯はできないので、混んでいても、回転はいい温泉かもしれません。

<DATA>
白旗の湯
  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津479
  • 解放時間:5時~23時
  • 料金:無料

【関連記事】
草津温泉土産の定番「温泉饅頭」おすすめベスト3
湯畑付近に復元!草津温泉の新名所「御座之湯」
知る人ぞ知る!超穴場な箱根温泉5選

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。