拠点シンタグマ広場 国会議事堂前の衛兵のパレードは必見

allabout2

シンタグマ広場に面する国会議事堂

シンタグマ広場周辺は、現代のアテネの中心地。シンタグマとは憲法の意味で、1834年、憲法が発布されたのでそのように呼ばれるようになりました。

ホテル、旅行会社、カフェ、タベルナなどもたくさんあり、アテネ観光の拠点でもあります。観光スポットの多い旧市街へも徒歩で向かうことができ、シンタグマ広場とモナスティラキ広場を結ぶエルムー通りには、様々なブランドの店が軒を連ね、ショッピングを楽しむストリートとなっています。

広場に面するのは元王宮の国会議事堂で、その前には無名戦士の墓があり、衛兵に守られています。衛兵は専門の職人がつくる見事な刺繍やプリーツがある民族衣装に身を包んでおり、毎時、衛兵の交替式には多くの見物客が集まります。特に日曜日の交替式(10:50~11:10)が大規模で、見応えがあります。


学問の殿堂が建ち並ぶパネピスティミウ通り

lib

国立図書館の優美な建物

シンタグマ広場から北へ延びているパネピスティミウ通りは大学通りの意味。ギリシャ学術院(アカデミア)、アテネ大学、国立図書館と3つの壮麗なネオクラシック様式の建物が並びます。学問の殿堂として、それぞれ圧倒的な存在感のある建物なので、外観のみの見学ですが、一見の価値があります。地下鉄のライン2(赤のライン)「パネピスティミオ」駅を出てすぐですが、シンタグマ広場から歩いても10分ほど。

ギリシャ学術院の入口にはソクラテスとプラトンの像があり、高い円柱の上には女神アテナと太陽神アポロンの像が青空に美しく映えています。アテネ大学のメインキャンパスは現在、別の場所にありますが、恒例の行事などはこの伝統ある建物で行われます。国立図書館は、入口の緩やかな曲線を描いたカーブの階段が優美な建物です。館内には70万冊以上の蔵書があります。

第1回近代オリンピックの会場 パナティナイコ・スタジアム

panatinaiko

第1回近代オリンピックが開催されたパナティナイコ・スタジアム

シンタグマ広場の南側には国立庭園やザピオン国際展示場があり、そこからもう少し足を延ばすと、1896年に第1回近代オリンピックが開催されたパナティナイコ・スタジアムです。

2004年のアテネ五輪のマラソンで、野口みずき選手が トップで入場、テープを切った場所として記憶している方も多いでしょう。毎年開催されるアテネ・クラシック・マラソンのゴールにもなっています。

紀元前331 年にパン・アテナ大祭の競技場として建造され、ローマ時代に大理石の観客席ができましたが、現在の観客席は、近代オリンピックの前年に古代の競技場に近い姿で修復されたものです。6万5千人以上を収容する大理石の観客席は圧巻、五輪のマークも青空に映えています。

この周辺にはゼウス神殿もあり、アクロポリスの共通チケットで入場できます。入場しなくても、通りから十分にその美しさを眺めることもできます。

シンタグマ広場やパネピスティミウ通り、パナティナイコ・スタジアムの情報はアテネ観光の拠点、シンタグマ広場とその周辺の記事で詳しく紹介しています。