スーパーマーケットで買える美味しいギリシャ土産

honey

バラエティ溢れるギリシャのハチミツ

ギリシャはハチミツ、ハーブティー、サフラン、ナッツ、オリーブオイル、ワインなど、お土産にぴったりの世界的に名高い特産物が数多くある国です。これらは土産物店でも見かけることが多いかと思いますが、地元の人が通うスーパーで買えば一段と割安になります。

ギリシャのスーパーといえば、アルファヴィータ、スクラヴェニティス、カルフール・マリノプロス、リドル、バザールなどギリシャの国内小売大手から外資系チェーンまで様々なスーパーがあります。

アテネに関していえば、観光客でも行きやすい都心にあるスーパーとしてあげられるのがコロナキ地区にあるカルフール・マリノプロス。地上階(日本でいう1F)は生鮮食品売り場で、店の奥の左手に地下階におりる階段があります。地下の売り場に旅行者がお土産にできるような商品が揃っています。ただあまり大きな店舗ではないので、それほど多くの種類の商品があるわけではありません。地下鉄ライン3(青のライン)のアンベロキピ駅(シンタグマ駅から3つ目)の近くにあるカルフール・マリノプロスはかなり大きな店舗なのでおすすめです。

<DATA>
careefour

コロナキ地区のカルフール・マリノプロス

■コロナキ地区のCarrefour Marinopoulos(カルフール・マリノプロス)
住所:9 Kanari Street,Kolonaki
TEL: 210-3624907
営業時間:月~金曜 8:00~21:00、土曜 8:00~20:00 
定休日:日曜
アクセス:地下鉄ライン2、3(赤、青のライン)シンタグマ駅から徒歩5分

■アンベロキピ駅近くのCarrefour Marinopoulos (カルフール・マリノプロス)
住所:27 Etolias Street,Ambelokipi
TEL: 210-3624907
営業時間:月~金曜 8:00~21:00、土曜 8:00~20:00 
定休日:日曜
アクセス:地下鉄ライン3(青のライン)アンベロキピ駅から徒歩5分

また商品の充実度から一番おすすめなスーパーはAB(アルファヴィータ)ですが、都心から少し離れた住宅街にあることが多いです。都心シンタグマから近い店舗はシンタグマ駅から地下鉄のライン3(青のライン)で一駅のエヴァンゲリスモス駅から徒歩8分ほどのパングラティ地区にあります。

<DATA>
AB

パングラティ地区のAB(アルファヴィータ)

■パングラティ地区のΑΒ ΒΑΣΙΛΟΠΟΥΛΟΣ  (アルファヴィータ ヴァシロプロス)
住所:38 Merkouri Spirou Street, Pagrati
TEL: 210- 7258913
営業時間:月~金曜 8:00~21:00、土曜 8:00~20:00 
定休日:日曜
アクセス:地下鉄ライン3(青のライン)エヴァンゲリスモス駅から徒歩8分

バラエティ溢れる美味しいハチミツ

honey1

左からオレンジブロッサムのコムハニー(450g7.10ユーロ)、アッティキのスマートパック(100g2.20ユーロ)、メリ・マニス(460g5.87ユーロ)

ギリシャの代表的な人気土産はやはりハチミツ。ギリシャにおける養蜂の歴史は古く、最も有名なタイムのハチミツから、モミ、マツ、クリ、様々な花々のミックスなどバラエティ溢れる濃厚なハチミツが本当に美味しいです。モミのハチミツは高級品なのでスーパーには置いていませんが、スーパーでもタイムをはじめ、様々な植物や花々のミックス系、コムハニー(巣蜜)などいろいろな種類があり、売り場面積はかなり大きいです。

中でも有名メーカーATTIKI(アッティキ)のハチミツはおすすめ。様々なサイズ、容器のものがありますが、軽くてお土産に最適なのが上の画像の真ん中のスマートパック(100g2.20ユーロ)。値段も手頃でバラマキ用にも便利です。キャップがついていて使い勝手もいいと日本の友人にも好評です。

もう少し量の多いものなら、上の画像で右のペロポネソス地方マニのタイムのハチミツで、ΜΕΛΙ ΜΑΝΗΣ(メリ・マニス)とギリシャ語表記されているもの(460g5.87ユーロ)。すっきりした味わいで、欧米で人気が高く日本でも人気の兆しがある濃厚なギリシャヨーグルトに合い美味しいです。もちろん普通のプレーンヨーグルトやトーストなどにも合います。ハーブティーに入れるのにもいいです。

上の画像で左のオレンジブロッサムのコムハニー( 英語表記あり 450g7.10ユーロ)は、巣蜜が美味しくてお気に入りの味です。