教えて!フランス語の新しい綴り

フランス語のorthographe (綴り)は、これまでも時代に応じて変化してきましたが、2016年9月からnouvelle orthographe (新しい綴り)の規則が導入されることになっています。一体どのような変化がおきるのでしょうか?日本人学習者の視点から、教科書などで比較的目にすることの多い単語をピックアップし、初級者にも影響のありそうな変更点を確認しておきましょう。

数字の表記法

chiffres

フランス語の数字表記はややこしい

フランス語の数字はややこしいことで有名ですが、筆記に関しても一筋縄ではいきません。これまでだと、例えば22(vingt-deux)のように端数のある数字は、10の位と1の位の間を-trait-d'union/ハイフン)で結んでいました。ところが、21のように1の位にunがくる場合には、vingt et un 、また、1000(mille)や100(cent)などの位を表す単語の前に数字がくる場合には、200(deux cents)といった風に、trait-d'unionなしで表記されることの方が一般的でした。

新規則では、vingt et un → vingt-et-un、deux cents → deux-centsという風に基本的にはtrait-d'unionを使って数字を表記することが推奨されるようになり、学習者にとってはわかりやすくなります。こちらのサイトでサーチボックスの中に数字を入力し、écrire(書く)をクリックするとフランス語の数字表記が確認できますので、正しい表記方法を確認してみましょう。

消えるハイフン

先ほどの数字の例とは逆に、複数の単語を組み合わせてつくられたmot-composé(複合語)に関しては、trait-d'unionを使用せず表記することが推奨される例が増えます。

例えば、extra(~外の)という接頭語とterrestre(地球の)という2つの語から成立しているextra-terrestre(宇宙人)がextraterrestreになるといった具合です。他にもhautparleur(スピーカー)やautostop(ヒッチハイク)、portefeuiile(財布)などの例があげられます。

実際のところ、仏和辞典においては、単語によって、両方の表記を例としてあげているもの、trait-d'union有りのパターンで記載されているもの、無しのパターンで記載されているものと扱いが異なりますので、一度お手持ちの辞書を確認してみられるといいですね。

次ページでは、フランス国内でも大きくとりあげられていた綴り字記号accent circonflexeに関する変更についてみてみましょう。