英語が流暢なスウェーデンの人々

svenska2

道を尋ねたり、何か手伝ってもらったりしたら、一言、スウェーデン語で「タッキ!」と言えると気持ちもより一層通じます

スウェーデンの公用語はスウェーデン語ですが、北欧の一小国であり、ゲルマン語系と語系も似ているためか、スウェーデンの人々は一般的に英語を大変流暢に話します。通りの名前などはスウェーデン語表記になりますが、観光地での表示などは英語でも併記されており、ある程度英語ができれば、よっぽどの田舎でない限り、旅行で不自由することはないでしょう。しかしながら、スウェーデン語で挨拶やお礼くらい言えると、地元の人々は大変喜びます。

スウェーデン語は29文字のアルファベットからなっており「Å、Ö、Ä」の3文字が英語にはないものになります。英語ほど文字と発音に差がないのが特徴で、見たままを発音しても正しいスウェーデン語に近いものになる場合が多いです。「メロディーの言葉」と言われることが多く、単調に発音するのではなく、音階をつけるように波をつけて読むとよりスウェーデン語らしくなります。しかし、最も重要なのは、大きな声ではっきりと話すこと。ボソボソと言っていても、何を言っているか通じにくいので、はっきりと大きな声で試してみましょう!

現地の人とのコミュニケーションは旅の良い思い出にもなり、旅行の楽しさも深まります。今回は、簡単に覚えられる挨拶や、知っておくと便利な一言などを、場面ごとに分けてご紹介します。スウェーデンを訪れたら、ぜひ、使ってみてください。なお、記事の中の発音は、カタカナで表記してありますが、ガイドが感じる言いやすい発音を明記しました。他のものと多少読み方が違う場合があるかもしれませんが、ご了承ください。

まずは、挨拶から!

svenska4

挨拶は、コミュニケーションの基本、「ヘイ!」と声をかけよう 写真:Magnus Liam Karlsson/imagebank.sweden.se

まずは、コミュニケーションの基本中の基本、挨拶の表現からいきましょう。簡単な言い回しなので、使い始めればすぐに覚えることができ、いろんなところで使えます。お店やレストランに入ったり、レジで支払いをしたりするときに「こんにちは」と言った感じで挨拶をする時によく使われるのが、英語の「Hallo/ハロー」に当たる「Hej/ヘイ」です。「Hej/ヘイ」は時間を選ばす、朝から晩まで誰にでも使える便利な言葉で、スウェーデン語で最初に覚えるとよい言葉の代表格。「Hej/ヘイ」と言われたら、「Hej/ヘイ」もしくは「Hej Hej/ヘイ、ヘイ」と笑顔で返しましょう。

「おはよう」に当たる「God morgon/グモロン」は朝の挨拶としてよく使われますが、「こんにちは」にあたる「God dag/グダーグ」や「こんばんは」の「God kväll/グッキヴェル」は、改まった感じがし、「Hej/ヘイ」で代用される場合も多くあります。別れの際の挨拶は「Hej då/ヘイドー」が最も一般的です。レストランを立ち去るときや、お店で何も買わなくても出るときには、一言「ヘイドー」と声をかけて出ると良いでしょう。

■朝昼晩の挨拶
God morgon/グモロン・・・おはよう
God dag/グダーグ・・・こんにちは
God kväll/グッキヴェル・・・こんばんは
God natt/グッナット・・・おやすみ

■時間を選ばず使える挨拶
Hej/ヘイ・・・こんにちは
Hejsan/ヘイサン・・・こんにちは

■別れの挨拶
Hej då/ヘイドー・・・さようなら
Adjö/アイヨー・・・さようなら
Vi ses!/ビ・セース!・・・またね!

>次のページではお礼の言い方やショッピングに役立つ言葉などをご紹介します。