バレエ

プロは楽して踊っていると言う事実

プロのバレリーナと同じように美しく踊れたらどんなに素晴らしいでしょう。日々のレッスンではやらなくてはいけない事があまりにも多くて、とてもプロのように優雅に踊れる日が来るなんて想像もできない…、なんて思うことも。プロは血のにじむような努力をしているからあんなにも優雅に踊れるんだ! 確かにそういう部分もあるでしょうが、私たちが思っているほど、プロは踊ることに苦労していないのかもしれません…。

執筆者:石島 みどり

ターンアウト

ターンアウト

世界に名だたるバレエ団の所属学校のドキュメンタリーなどをご覧になった事があるでしょうか? ワガノワ・バレエ・アカデミーやパリ・オペラ座バレエ学校などのドキュメンタリーは、日本のテレビでも何度も取り上げられているので、小さな子供たちのレッスン風景などを目にした事があるかと思います。

彼らと私たちの差が分かれば、プロが楽していると言うことが分かりそうです。


最終的に、バレエに適した身体

国立バレエ学校の入学試験では、子供たちの身体条件や身体能力を審査します。当たり前ですが、彼らは……脚が開いています。そして柔軟性もあります。そして身体のラインがきれいです。

国立のバレエ学校では、バレエに適した身体条件・身体能力を持った人が踊るようにカリキュラムが組まれています。年齢に応じてステップの難易度が上がっていき、その難易度に対しての努力が必要になります。そういう意味では、ステップの難易度に対する努力のみが必要だということです。

ステップの難易度についていけない生徒は落第となります。落第する生徒は 「バレエに適した身体」 ではなかったことになります。最終的にプロにまでなれる生徒は、結果的に 「バレエに適した身体」 を持っていたということになります。


プロは精鋭中の精鋭

選び抜かれたプロたちは、身体条件・身体能力がバレエにすごく適した人たちだと言えます。そういうプロにとって、バレエは、自分の能力内で踊れるものなので、相当楽して踊っていると言えます。

私たちは、そのような彼らの能力を体験する事が出来ません。彼らの能力があまりにも高いからです。そういう能力を持っているプロたちは、私たちが考える努力とは違うレベルでバレエに対して努力をしていると思います。

私たちが歩くように、走るように、そのような感覚で踊っているかもしれません。そのレベルまで持っていくのが、国立バレエ学校の使命とも言えます。


彼らの 「楽」 に近づくには?

身体条件を合わせることは相当難しいので、身体能力を近づけるしかなさそうです。

バレエに必要な身体能力で一番大事なのは、ターン・アウトですが、無理に行うと身体のラインが崩れるので、無理に行わない事が大切です。プロのダンサーは200度近く開く脚を180度に抑えて踊っています。彼らに近づくには、ターン・アウトせずに股関節の可動域最大より少しターン・インさせて踊ると言うことになります。

無謀に聞こえることかもしれませんが、この可動域最大よりもターン・インすると踊りが 「楽」 になります。プロの 「楽して踊る」 を、ぜひ体験してみましょう。
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon でバレエ関連の商品をチェック!楽天市場でバレエ関連の商品をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます