鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ定食の段取り

鶏胸肉と春菊のピリ辛おかずサラダ定食の段取り

鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ定食の段取り

朝10分+夕方15分でできる一汁三菜の段取りです。

朝のうちに『鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ』に使う蒸し鶏を作り、『長芋と豆腐の味噌グラタン』の材料をフードプロセッサーで撹拌し、あとは焼くだけでいい状態にしておきます。どちらも冷蔵庫で保存しておきます。

夕方はまず『セリの即席お吸い物柚子胡椒風味』に使うお湯を沸かし、『長芋と豆腐の味噌グラタン』をトースターに入れて焼き始めます。

その間にお吸い物の材料を切って器に入れておき、『糸こんにゃくとしめじのきんぴら』の材料を切って、仕上げます。作っておいた蒸し鶏をほぐして『鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ』を作り、最後にすべての料理を盛りつけたら完成です。

鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ定食にかかった費用

■鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ
鶏胸肉(1枚・200g) 98円
春菊(1/2束・70g) 84円
(小計 182円)

■糸こんにゃくとしめじのきんぴら
糸こんにゃく(1袋・200g) 138円
しめじ(1パック・100g) 98円
(小計 236円)

■長芋と豆腐の味噌グラタン
長芋(10cm程度・80g) 39円
木綿豆腐(1/2丁・150g) 24円
ピザ用チーズ(10g) 11円
(小計 74円)

■セリの即席お吸い物柚子胡椒風味
セリ(2本・10g) 15円
麩(6個) 22円
(小計 37円)

■鶏胸肉と春菊のピリ辛サラダ定食
合計 529円(一人当たり 264.5円)

※ご飯と調味料の費用は、計算に含まれていません。
※実際にガイドが購入した時点での費用で計算しています。材料の値段は時期や地域、店舗によって異なりますので、あくまでも目安としてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。