ロックアイドルの最終兵器、岡崎市より現る

2015年のアイドル界を思い返すと、数年前に比べて音楽的・パフォーマンス的・ルックス的・観客的などなど、いろんな意味で幅が広がったな、と思います。特に2014年に解散したBiS以降、ロック系アイドルは、もはやその人気は世界規模となったBABYMETAL、メンバーとヲタちゃんの織りなす熱は最狂のBELLRING少女ハート、ニューウェーブをベースに新たな音楽の地平を切り開き続けるゆるめるモ!、ツーステップの嵐を巻き起こす大阪の雄PassCode、そしてBiSスタッフによるプロデュースは「レベル最強でニューゲーム」とも評されるBiSHなどなど、気づけばアイドル界の主流ジャンルとなった感があります。

そしてここまで濃いものが溢れると「出尽くした感」も無きにしもあらず。しかしこの一年の間、ステージでひたすらパフォーマンスを鍛え上げたあるロックアイドルが2016年ついに表に出てくる、と確信しています。その名は「絶叫する60度」

photo

画像は『ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.』初回生産限定盤ジャケット。


愛知県岡崎市をホームに活動する2人組、しかし年間200本を越えるライブ活動では一週間で愛知-東京を2往復なんてこともザラで、東京・大阪でも精力的にライブを行っています。『グリーンホーネット』を思わせる覆面と黒いソリッドなコスチュームをまとってステージに立つのは、高い歌唱力と美しい腹筋が目を見張ると、その小柄な体のどこからそんな声が? というブルータルな煽り声を爆発させるもんてろの2人。

photo

画像は『ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.』通常版ジャケット


その2人のパフォーマンスに、殿堂入りボカロPのねじ式Pや覆面パンクカバーバンド6% Is MINEらが参加したサウンドが加わったライブは、ストレートな青臭さと情熱、それでいて洗練さが同居したアイドル界のストロングスタイル! ちなみにステージでは覆面ですが、ツイッターなどネット上では素顔も見せるという距離感も今時の神秘性があります。あらためてデビューから現在まで、そして初の全国発売となるニューシングル『ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.』について語っていただきました。

絶叫する60度 with 6% is MINE「ONLY PLACE WE CAN CRY」MV(Debut Single「ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.」収録)【公式】(Youtube)

絶叫する60度 with 6% is MINE「三年days」/ Debut Single「ONLY PLACE WE CAN CRY e.p.」収録 【公式】(Youtube)

インタビューは次ページより!