肩こりだけじゃない!頭皮のこりにもご用心

肩こりなどは自覚症状がありますが、実は頭皮もこることをご存じですか? 頭皮がこりや血行不良を起こすと、健康な髪が育たないため美髪に悪影響。それだけでなく、頭皮と顔は1枚の皮でつながっています。頭皮の筋肉がこって弾力が失われてしまうことで、おでこやまぶたまでたるんでしまい、老け顔の原因となってしまうのです。
頭皮が硬いと感じたら、こっている可能性大!

頭皮が硬いと感じたら、こっている可能性大!



頭皮のこりを今すぐチェック!

まずは自分の頭皮の状態をチェックしてみましょう。

●頭皮全体を指で前後に押す・円を描く
軽く動くようであれば問題ありません。痛い、動かせない場合は凝っている状態です。
●耳上の頭皮を指でぐっと押す
気持ちよいようであれば問題ありません。硬いと感じたら、目の疲れやこりがたまっている状態です。
●額のはえ際を指で押さえると凹む
弾力がなくてぶよぶよしている場合は、リンパの流れや血液の流れが非常に悪くなっていると考えられます。
●頭皮の色を確認
青白い/健康 くすんだ黄色/疲れやストレスがたまっています 赤みがかっている/血行不良の状態です。


マッサージの前にはブラッシングを

頭皮の血行を改善するために、頭皮マッサージを行いましょう。頭皮の血流がよくなるとリンパの流れも良くなり、酸素や栄養素が髪の製造工場となる毛根部に運ばれることで健康な髪が生えてきます。また血流アップの影響で、顔のむくみやくすみも改善される効果が期待できます。

マッサージ前に、ブラッシングで髪を整えておきましょう。ブラッシングには、からんだ髪をほぐすだけでなく、髪全体に皮脂を行きわたらせる効果があります。また適度な刺激を与えることでマッサージ効果もあり、血行促進につながります。

こりを心地よくほぐす頭皮マッサージ

オイル(頭皮用)を頭皮全体に付けます。まず頭全体を手のひらで覆うようにつかみ、柔らかくもみほぐします。頭皮を頭頂へ向かって持ち上げ約3秒保ち、手を離して約2秒。これを4~5回繰り返しましょう。耳周りのリンパ節をほぐして血流をアップさせたり、頭頂部の抜け毛に効果的な百会のツボ押しも併せて行うと効果的です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。