肩こりやむくみを引き起こす血行不良

肩こりやむくみ、冷えなどの主な原因は血行不良です。睡眠不足や疲れ、ストレスや、脂質を摂りすぎるなどの偏った食生活などから引き起こされます。また、姿勢の悪さも要因の1つ。デスクワークなどで、長時間同じ姿勢を取りっぱなしにしていませんか? そうすると、血液を運ぶ首の血管が圧迫されて血行不良になってしまいます。こまめに肩や首を回すなどのストレッチを心掛けましょう。
肩こりは放っておかずこまめにストレッチ

肩こりは放っておかずこまめにストレッチ!


また、運動不足で適度な筋力がないと、全身に血液を送り出す力が不足してしまいます。筋肉をつけるために毎日運動するのは難しいかもしれませんが、エスカレーターではなく階段を使ったり、よい姿勢を保ったりするだけでも筋肉を鍛えることができます。ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。


血流アップマッサージでくすみも改善!

手軽にできる習慣として、マッサージも効果があります。マッサージによって血行が良くなると、肩こりやむくみだけでなくくすみも改善してくれると思います。

くすみの原因は、大きく分けて血行不良とターンオーバーの乱れの2つです。筋肉が活動するたびに排出される二酸化炭素は血液中で黒っぽく変化します。血行不良の状態だと、その黒っぽい血液が停滞して肌が黒っぽく見え、くすんでしまうのです。また、血行不良だと肌に必要な栄養素が行きわたらずターンオーバーが乱れがちに。こちらも血行が良くなると代謝も良くなるので、血流アップマッサージはボディ・肌共に大切なんですね。


毎日手軽に続けられる簡単マッサージ

肌はどの場所でも摩擦をしてしまうと炎症をおこす可能性があります。なので、マッサージをする場合はボディであっても必ずオイルやクルームをぬって摩擦を防いでください。また、お風呂では身体の温度が高くなるので血行促進に効果的。湯船の中では水圧がかかっているため、さらに血流効果がアップするのでバスタイムを活用することをおすすめします。

肩:首から肩にかけて気持ちいい程度の力で、リンパを流すようにマッサージ。
お腹:時計と反対に円を描くようにマッサージをした後にウエストからおへそに向かってマッサージ。
腕:肘から腕の付け根に向けて、二の腕はもむようにマッサージ。
脚:足首から膝の裏に向かってリンパを流すようになで上げる。太ももは膝裏から鼠径部(太ももの付け根の前部)に向けて流した後、絞るようにマッサージ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。