導入しやすい価格帯の無線LANルータ

ここでは、「これから無線LANを利用したい」「古い無線LANを格安で買い換えたい」とお考えの方に、最適な無線LANルータを以下の価格別にご紹介する。それぞれの機種の特徴を挙げるので参考にして欲しい。

  • 2~4千円の機種
  • 5千~1万円の機種

2~4千円のおすすめ無線LANルータ

バッファロー AirStation HighPower Giga WSR-300HP

WSR-300HP

WSR-300HP


バッファロー AirStation HighPower Giga WSR-300HPの特徴は、「Dr.Wi-Fi」機能だ。「Dr.Wi-Fi」はWi-Fiの初期設定から、接続のトラブル、接続後の設定変更などをスマホで解決できるアプリ。初心者にも優しい機能だ。

また、低価格ながらLAN端子(3ポート)とINTERNET端子(1ポート)が1000Mbps(Gigabit)に対応している。これなら、高速光インターネット通信の速度を十分に堪能できる。


NEC AtermWF300HP2 PA-WF300HP2PA-WF300HP2

PA-WF300HP2


NEC AtermWF300HP2 は、世界最小クラスの[μ(マイクロ)SRアンテナ]で筺体を小型化し、狭い部屋でも気軽に利用できる。[μ(マイクロ)SRアンテナ]は、米粒ほどの小型だが、強力に電波を全方位へしっかり飛ばす。

セットアップは、QRコードを読み取って設定する「らくらくQRスタート 2」に加え、『らくらく「かざして」スタート』にも対応している。

『らくらく「かざして」スタート』は、NFC(近距離無線通信)を使った設定方法だ。スマホやタブレットに専用アプリをインストールし、製品に添付されている専用のNFCタグにスマホをかざせば、自動でWi-Fi接続やセキュリティ設定の設定ができる。


■エレコム WRC-F300NF
WRC-F300NF

WRC-F300NF


エレコムのWRC-F300NFは、幅 107mm×奥行き 72mm×高さ 25mmと、ここで紹介した製品の中でも一番小さい。非常にコンパクトなので、置き場所を選ばない。

この機種の特徴は、「こどもネットタイマー」機能で、Wi-Fiでインターネットを利用する時間を制限できることだ。たとえば、利用可能時間を2時間と設定すれば、1日の接続時間が2時間を超えると通信不能になる。お子さんが、ゲームばかりやっていて困るという場合にうってつけだ。


次は、5千~1万円の機種を紹介しよう。