なぜ暗号化をする必要があるのか

無線LAN親機

無線LAN親機 本文と本機種に関連は無い。

無線LANの電波は、四方八方に飛ぶ。そのため、不特定多数の人に傍受される可能性がある。

例えを挙げよう。オフィスで有線ネットワークを利用している。有線なので、屋外からは直接アクセスできない。そのため、インターネットからの侵入はあり得るが、秘匿性のあるデータを比較的、安心してやり取りできる

もし、無線LANの親機を暗号化しないで利用したとしよう。その場合は、屋外から、簡単にオフィスのネットワークに侵入できてしまう。つなげばすぐにオフィスのネットワークに侵入できる訳ではないが、多少知識のあるユーザなら秘匿性のあるデータを盗むことはできる。また、データの改ざんも可能だ。

さらに怖いことがある。それは、インターネットが勝手に利用されてしまうことだ。しかも、全く知らない赤の他人に利用されてしまう。こちらは、何も知識はいらない。暗号化を利用していなければ、誰でもその親機に接続でき、インターネットに入ることができる。

「別に家のインターネットが利用されても、構わない。自宅周辺は観光地なので、観光客へのサービスだ」と思われる方もいるかも知れない。しかし、もし家の親機を通じて、誰でも閲覧できる掲示板に、不穏当な内容(誹謗中傷/個人情報の公開/爆破予告...etc.)が書きこまれたらどうなるだろうか。

その場合は、警察の捜査対象に成り得る。「ある日突然、ドアをノックされ、開けるとそこには、刑事。署で事情聴取.....」という流れだ。

インターネットに接続されている親機には、グローバルIPアドレスという固有のアドレスが割り当てられている。グローバルIPアドレスがどこで利用されているかは、プロバイダが管理している。公的機関(警察/裁判所)は、必要があればプロバイダに発信元の開示を要求できるようになっている。

また、電波が傍受され、それが解読されれば、Webサイトへのログインパスワード、さらには通販で利用するクレジットカード情報が盗まれる可能性もある。

以上のようか理由で、無線LANの暗号化が必須であることは、お分かりになると思う。

さて、次は暗号化の種類についてお話しよう。