日々のニュースを追えば、「仕事に活かせる資格」の最新動向が見えてきます。
毎回、先月までに発表されたニュースの中から今後の動向が気になるトピックスを厳選してお届け。今回は2015年10月分です。

【今回注目したニュースはこれ!】
■英検が進化!全級でスピーキングテスト導入へ
■新資格「認知症予防アドバイザー検定」誕生!
 

 英検が進化!全級でスピーキングテスト導入へ

「仕事に活かせる資格」として、ますますニーズが高まっている実用英語技能検定(英検)。
7月には、来年2016年度から、「2級」で「ライティングテスト」が導入されることが発表されたばかりですが、今度は、「4級」「5級」で「スピーキングテスト」が導入されることが発表されました。

なぜ今、相次いで新試験の導入が進められているかといえば、文部科学省による次期学習指導要領改訂の動きに、そのカギがある様子。それによれば、小、中、高の英語学習においては、「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」という4技能の総合的な育成が求められており、入試などでも4技能試験の導入が急ピッチで進められているのです。

ビジネスパーソンの活用度も上がってきているとはいえ、学習指導要領の内容に基づく英検の主要ターゲットは小、中、高校生。そのため、英検全級を4技能化させる準備が進められてきました。今回の、「4級」「5級」の「スピーキングテスト導入」もその一環というわけです。

これにより、2016年度以降は全級(「1級」・「準1級」・「2級」・「準2級」・「3級」・「4級」・「5級」)で「スピーキングテスト」の受験が可能に。
また、「ライティング」は、「2級」での導入に続けて、「準2級」「3級」でも早期実現に向けた準備が進んでいるそうです。

従来の「リーディング」中心の学校英語から、より実践に役立つ4技能化へのこの動き、当然ビジネスシーンにも波及していくことでしょう。
雇用市場ではまだまだTOEICに差をつけられている英検ですが、今後の「進化」に注目です。

新資格「認知症予防アドバイザー検定」誕生!

今や、深刻な社会的な課題となっている「認知症」。高齢化とともに、診断される方の数も増えており、平成22年度時点で、65歳以上の高齢者の4人に1人が「認知症」もしくは「認知症予備軍」という数字も出ています。

とはいえ、「認知症」は予防が可能な病気。そこで必要になってくるのが早期発見、早期治療なのです。そんな時代のニーズを反映して誕生するのが、新資格「認知症予防アドバイザー」。

行政機関やサポートプログラムの利用方法、効果的な非薬物療法による予防方法などを網羅することによって地域社会における「認知症」予防への関心と知識を広げ、支援活動の中心となる人材育成を目指しています。すでに2015年11月15日に第1回試験を実施。詳細はまだわかっていませんが、またご紹介できる情報があれば追ってみたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。